Current status of new coronavirus infections and MHLW response (May 9, 2020 Edition)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11229.html

This is to inform you of the situation as of May 9 and the response of the Ministry of Health, Labour and Welfare.
The number of infections associated with the new coronavirus reached 15,649 in Japan.
In addition, 600 people died in Japan and 8,127 were discharged from hospital in Japan.

Message to the people
We will continue to closely monitor the situation in China and other countries and work closely with relevant organizations to provide prompt and accurate information. We ask the public to take measures against infectious diseases such as wearing masks and washing hands thoroughly.
See Attachment 2 for the response of the Ministry of Health, Labour and Welfare.

(Attachment 2) List of Ministry of Health, Labour and Welfare Notifications and Administrative Communication
[Information for local governments and medical institutions]

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00088.html

Please 1: Please refrain from going out as much as possible.
If you have to go out, please wear a mask.

Please 2: Avoid “(iii) dense;” (Condensed, sealed, tight).
Populations share the common features of “with poor ventilation” “a space in which people gather together” and “Places where there is a high risk that an unspecified number of people will come into contact with them”.

Try to avoid going to such places as much as possible, and if it is unavoidable, wear a mask and try to ventilate, do not speak loudly, and avoid talking at a distance where your hands touch the other person.

Please 3: Cough etiquette (When coughing or sneezing, use a mask, tissue, handkerchief, sleeve, or the inside of the elbow to hold the mouth or nose.) and hand washing.

Foreigners living in Japan, despite the current difficult situation, let’s overcome this difficulty together.

Status of new COVID-19 (English version)

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」 に基づき対策を進めています

このページを外国の方向けに英語に訳してみました。

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針

I translated this page into English for foreigners.
If you are not already in Japan, please take a look at Japan’s measures.

1
Basic Policy for Countermeasures against New Coronavirus Infections

March 28, 2020 (Changed to May 4, 2020)
Decision of the New Coronavirus Infection Control Headquarters

The government believes that countermeasures against new coronavirus infections are an important issue for crisis management.
In order to protect the lives of the people under the recognition that
The whole force has been taken on offer of the medical treatment, etc.. However, in Japan,
Sporadic outbreaks of an increasing number of patients with unknown staining pathways occur, and some areas are sensitive
As a result of the spread of dyeing, on March 26, 2020, the number of cases of new strains of influenza, etc. increased.
Article 1 of the Supplementary Provisions of the Special Measures Law (Act No. 31 of 24. Hereinafter referred to as “the Law”.)
(ii) Based on Article 14 of the Act applied by replacing terms pursuant to the provisions of paragraphs 1 and 2
Health, Labor and Welfare Ministry officials said the new coronavirus infection is highly likely to spread.
The Minister reports to the Prime Minister, and on the same day, administration based on Article 15 (1) of the Act
The Prefectural Emergency Headquarters was established.
In order to protect the lives of the people, it is necessary to reduce the number of infected people, as well as to establish a system for providing medical care and society.
It is important to maintain the function.
The first step is to further promote the avoidance of “three dense”
(Group in which an association between patients was observed by an aggressive epidemiological study, etc.).
Hereinafter referred to as “cluster”. Containment of the occurrence of (i) or (ii) is the so-called over
Explosive spread of infection called shoots (Hereinafter referred to as “overshoot”.)
prevent the outbreak of ~ and minimize the incidence of infected, seriously ill and dead persons
It is important for the sake of.
If necessary, reduce contact opportunities by requesting people to refrain from going out, etc.
to minimize the rate of spread of infection as much as possible.
In order to contain the disease and to prevent the collapse of the medical system,
This is the key.
In addition, in preparation for a sudden increase in the number of infected persons in Japan in the future, measures for seriously ill persons, etc.
2
To prepare necessary systems, such as medical delivery systems centered on response
necessary.
As for new coronavirus infections that have already been seen in Japan,
・The incidence of pneumonia is higher than that of seasonal influenza
an act of causing serious damage to the lives and health of the people
The fact that it has a handle.
・There are many cases in which the route of infection cannot be identified, and the rapid increase is confirmed.
As it is recognized and the medical supply system has become tight, nationwide
The rapid spread of the disease will have an enormous impact on the lives of the people and the national economy.
the state of being in a dangerous situation
However, it is judged comprehensively.
With this in mind, on April 7, 2010, a new coronavirus was introduced.
The Chief of the Headquarters for Infectious Diseases declared a state of emergency in accordance with Article 32, Paragraph 1 of the Act.
The period during which emergency measures should be implemented is from April 7, 2020 to May 6, 2020.
The emergency measures will be implemented in Saitama and Chiba prefectures within 29 days.
Tokyo, Kanagawa, Osaka, Hyogo and Fukuoka Prefectures. In addition, in April 2020,
As of March 16, the spread of Hokkaido is as advanced as the above seven prefectures.
Emergency measures will be taken in the prefectures of Hokkaido, Ibaraki, Ishikawa, Gifu, Aichi and Kyoto.
In addition to adding the area to be placed, other prefectures are also urban areas.
As a result of the movement of these people, clusters have appeared in various places, and the infection is spreading.
Therefore, from the viewpoint of minimizing the movement of people, all prefectures are in urgent need.
It was decided to be subject to emergency measures. For emergency measures in these areas
The period of implementation was from April 16 to May 6, 2020, 2020.
Later, the public, including the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
As a result of the concerted efforts of, the national effective reproduction number has fallen below 1.
The number of reports is expected to decline to avoid overshooting
The fruit is beginning to show up. On the other hand, the number of newly reported cases in Japan is still about 200.
Level 2, with some areas still suffering from tight healthcare delivery
Therefore, it is necessary to continue efforts to reduce the number of new infections for the time being.
3
If the infection spreads again in the region and throughout the country, the burden on the medical delivery system will increase.
There is a possibility. For this reason, pursuant to Article 32, Paragraph 3 of the Act, May 4, 2002
All prefectures will continue to be subject to emergency measures, and these areas will be subject to emergency measures.
and extend the period for implementing emergency measures until May 31, 2020.
When it is deemed that it is no longer necessary to implement emergency measures,
To promptly cancel an emergency even within a period.
The declaration of an emergency is based on the current status of new coronavirus infections.
In light of the challenges facing us in this area, we have taken various measures based on the law to prevent the spread of infection.
Together, the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
Implementation of basic infection prevention and unnecessary and nonurgent outings by the entire nation, including individuals
Avoid self-infection by avoiding “three dense” which will be described later.
It is also necessary to ensure that the virus is not transmitted to others.
To implement effective measures in a comprehensive, reliable and prompt manner
It is an urgent issue to strengthen the system to take measures against stars and to secure the system to provide medical care.
The Government will implement the measures to date with sufficient effectiveness, and will not implement them in particular.
Strongly request people to refrain from going out, for example, when they need to go out on an unurgent basis, and ensure thorough contact between people
Necessary measures shall be implemented by reducing the amount of waste.
If these measures can be implemented by the entire nation, it will be effective.
Prevention of the spread of infection by raster measures and treatment of the seriously ill and other infected persons
Reduce the number of new reports to a level that allows adequate treatment
can reduce the number of serious cases. The number of new reports is at this level.
If it is reduced to, it is necessary to avoid “three dense” thoroughly.
prevent the spread of infection by continuing basic infection control measures such as securing
Prerequisite to the spread of new lifestyles, the prevention of the spread of infection and the establishment of a company
It is possible to achieve a balance between the maintenance of economic activities.
Even if the State of Emergency Declaration is extended, the Government will continue to maintain social and economic conditions.
It is conducted in foreign countries with the minimum impact on the activities of “lockdown” (Tokyo
city blockade).
These Guidelines are designed to protect the lives of the people in the fight against new coronavirus infections.
4
Accurately grasping the situation, the government, local governments, healthcare professionals, experts and business operators
the public, including those involved, will work together to further advance measures against new coronavirus infections.
For this reason, it is necessary to clarify the measures that should be taken in the future at the present time, and to implement the measures.
It shows a unified guideline to be a basis.

(i) facts concerning the status of the outbreak of a new coronavirus infection;
In our country, after the first case was identified on 15 January 2020,
By May 2, a total of 14,677 infected persons in 46 prefectures, 492
The death of a person has been confirmed. Infected persons whose infection route has not been identified
accounts for 61% (Situations as of May 3 and May 1 of Ryowa 2).
It is.
For information on the status of infection in Japan, the Expert Committee on Measures against New Coronavirus Infections
From the perspective of (Hereinafter referred to as “expert meeting”.): “Changing the behavior of citizens
It is certain that the number of new infections is on the decline nationwide. However,
We are still seeing a significant number of new infections, and the current level of data is
We started to clearly stand up in early March, and we started to show signs of overshooting.
The number of new HIV infections in Japan has not fallen below the level of around mid-March. 」
“For the time being, by maintaining the downward trend in the number of new infections,
need to continue efforts to the extent that the spread of infection of ~ is unlikely to occur for the time being
It is suggested. “
It has been pointed out that.
Regarding the medical care system,
“As for the expansion of the medical care system, we are promoting the division of roles among hospital beds according to symptoms.
For severely ill patients and those with moderate symptoms, the hospital beds should be secured, and patients should be asymptomatic.
and the acceptance of mild cases at hotels and other facilities.
However, in particular in the special alert prefectures, there are still cases in which
The pressure is continuing. “
“Even if the number of new infections starts to decline, the average length of hospitalization is about 2 ~ 3 weeks.
It is a moderate degree. especially in critically ill patients who require a ventilator
5
The length of the period of hospitalization is prolonged and the number of inmates tends not to decrease. KKO
Therefore, the burden on medical institutions by inpatients is expected to continue for a while.
Rarely, the tightness of health care compared with the slower rate of new infections
However, it is believed that the problem will be resolved only slowly. “
It has been pointed out that.
On that basis, in the view of the Expert Committee,
“If the infection spreads again in the region and across the country, the burden on the health care system will increase.
It is desirable to maintain this framework for the time being, as there is a risk that it will be implemented. 」
It is said that.

Overseas, countries where new coronavirus infections have occurred include:
Although spread to all continents except Antarctica, cases imported from overseas
Therefore, as a result of the strengthening of measures at the border, the amount is currently limited to a certain extent, but it has been withdrawn.
It is necessary to continue responding with a sense of tension.
Trends by prefecture were as follows: Tokyo, Osaka, Hokkaido, Ibaraki, Saitama
Prefectures, Chiba Prefecture, Kanagawa Prefecture, Ishikawa Prefecture, Gifu Prefecture, Aichi Prefecture, Kyoto Prefecture, Hyogo Prefecture, Fukuoka Prefecture
In 13 prefectures, the cumulative number of patients has exceeded 100.
More than half of the people were infected by unknown routes of staining, and in the last week,
As the doubling time was less than 10 days, the prevention of the spread of infection was particularly emphasized.
As a prefecture that needs to promote measures for termination, the following measures should be taken.
Therefore, they called it “designated warning prefectures” and urged people to take measures.
In addition, in the prefectures other than those specified warning prefectures, the number of persons from urban areas is also
Clusters also occur in areas other than urban areas due to movement, etc., and the trend toward the spread of infection
and in these areas, the health care system is not well developed.
If the infection spreads, there is a high possibility that medical treatment will become dysfunctional.
and citizens, including the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
In order to work as a circle to prevent the spread of the disease, all prefectures are in step with each other.
As it is necessary to take measures to prevent the spread of infection, all the prefectures and the prefectures
In order to prevent the spread of infection, the prefecture was designated as an area where emergency measures should be taken.
6
It has urged countermeasures.
Looking at the situation since then, a considerable number of new reports have been confirmed nationwide
The number of new infections has been reduced to a level that can prevent the rapid spread of infection in the future.
In view of the need to continue efforts to reduce the number, etc.,
Wards in which emergency measures are to be implemented in all prefectures, while maintaining the framework of
Preventing the spread of infection as an area (The specified alert prefectures are the 13 prefectures mentioned above.)
It is necessary to move forward with efforts toward termination.
However, it should be noted that the special alert prefectures and the other special prefectures (the pair of the declaration of a state of emergency
Prefectural governments belonging to elephant areas) are different from each other in terms of infection status, etc.
Prefectural governments need to continue to take the same measures as before.
In other specified prefectures, based on the status of infection in the prefecture
Toward coexistence with the maintenance of socio-economic activities centered on avoiding “three dense”
The Government will gradually shift to initiatives that take into consideration.
Currently, all prefectures are subject to emergency measures.
In the judgment of the target area, the infection situation (epidemiological
Status) and the medical care system (medical situation).
① Infection status (epidemiological situation)
・Level of new infections, infection status in neighboring prefectures, etc.
② medical delivery system
・Tests such as PCR that the physician deems necessary.
・Control of nosocomial infections.
・Impact on other general health care, including emergency medical care.
・Provision of medical care to suspected cases of infection in a new coronavirus test
Resolution

特別定額給付金 10万円 オンライン申請受付を開始

現金10万円を1人一律で給付する「特別定額給付金」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策のひとつとして実施されます。市区町村から送られてくる申請書を返送する郵送申請に先立ち、マイナンバーカードを利用したオンライン申請による受け付けが開始されたということでGW期間中になにかできることが調べてみました。パソコンやスマートフォンによるオンライン申請の手続き方法は、動画による解説も用意されているようです。

ちなみに、マイナンバーカードを持っておらず、取得のために申請を行なう場合は、市区町村が交付通知書を発送するまでおおむね1カ月かかるとしている。

 特別定額給付金の特設サイトには、申請に関するよくある質問のページが用意されており、生活保護対象者にも給付されること、外国人でも住民基本台帳に記録されていれば給付されること、そもそもオンライン申請をどのようにやればよいかなどが記載されている。

よくある質問でていましたのでチェックしてみましょう!

申請方法に関するよくある質問

Q:給付金の対象者は誰ですか。住民基本台帳に記録されていない場合は対象にならないのでしょうか。

  • 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」では、感染症拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うこととされました。
  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方で、1人当たり10万円を給付することとしています。

住民税非課税世帯、年金受給世帯、失業保険受給世帯、生活保護受給世帯の人は、給付金の対象者とならないのでしょうか。

  • 収入による条件はありません。
  • 年金受給世帯であること、失業保険受給世帯であること、生活保護の被保護者であることに関わらず、支給対象となります。
  • なお、生活保護制度の被保護者の収入認定に当たっては、収入として認定いたしません。

外国人は給付対象者ですか。

  • 住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者となります。
  • 外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象となりません。

4月27日(基準日)に生まれた子供は給付対象者となりますか。

  • 給付対象者となります。
  • 4月28日以降に生まれたお子さんは、給付対象者になりません。

基準日以降に亡くなった人は、給付対象者となりますか。

  • 基準日(4月27日)以降に亡くなられた人についても、給付対象者となります。

基準日時点において日本で生活していたのですが、住民基本台帳に記録されていない場合は対象にならないのでしょうか。

  • 市区町村の窓口で住民票を復活させる手続をしていただくことにより、住民登録の復活が基準日より後であっても給付対象者となります。

海外に住んでいて、日本に帰ってきた場合は対象者となりますか。

  • 4月27日までに帰国して日本に居住されている場合は、給付対象者となります。
  • お住まいの市区町村で住民登録の手続をしてください。

給付金を受け取るのは、誰になるのですか。

  • 受給権者は、その方の属する世帯の世帯主になります。

給付金の受給にはどのような手続が必要ですか。どこに行けば申請ができますか。

  • 申請者の事務負担及び感染症拡大防止に留意し、申請手続きを極力簡便なものとします。
  • 申請方法は、市区町村から受給権者(世帯主)あてに郵送された申請書類を返送する方式(郵送申請方式)又はマイナポータルからマイナンバーカードを活用して電子申請する方式(オンライン申請方式)が基本です。

申請書以外に準備すべき書類はありますか。

  • それぞれの申請方式により以下の書類が必要となります。
  • 【郵送申請方式】1 本人確認書類マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等の写し2 振込先口座の確認書類金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)【オンライン申請方式】振込先口座の確認書類※マイナンバーカードを持っている人について受け付け、電子署名により本人確認を実施するので、本人確認書類は不要となります。

いつから申請を行うことができますか。

  • 可能な限り速やかに申請を受け付けられるよう、準備を進めます。
  • 具体的な申請の受付開始時期はそれぞれの市区町村において設定されることになりますが、政府(総務省)としてもホームページ等において情報提供いたします。

申請はいつまで受け付けてくれるのですか。

  • 各市区町村における郵送申請方式の受付開始日から3か月以内が受付期限となります。

世帯主が、身体が不自由で、自分で申請できない場合は、どのように申請したらよいですか。

  • 本人による申請が困難な方は、郵送又は窓口での代理人による申請も可能です。
  • 基準日(4月27日)時点で申請・受給者の属する世帯の世帯構成者や法定代理人、親族その他の平素から申請受給対象者本人の身の回りの世話をしている方等で市区町村長が特に認める方(※)による代理申請が認められます。
    ※ 民生委員、自治会長、親類の人等世帯主の身の回りの世話をしている方
  • 代理申請には、本人と代理人との関係を説明する書類などを提出していただきます。

市区町村から申請書が届く時に、帰省していて自宅で郵便物を受け取れない場合はどうすればいいですか。

  • 日本郵便の転送サービス(※)をご利用いただくことで、郵便物を居所へ転送してもらうことができます。
    • インターネットでお申し込みができます。
      https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/
    • インターネットをご利用できない場合は、ご本人の本人確認書類・旧住所が確認できる書類(運転免許証、住民票等)を最寄りの郵便局へお持ちいただき、郵便局に備え置いている転居届に必要事項を記載してお申し込みができます。
  • また、申請書を受け取らなくても、マイナンバーカードをお持ちの方は、オンライン申請が可能です。
  • お困りの際は、市区町村にお問い合わせください。

オンライン申請は、どのような手続きですか。

  • 政府が運営するWEBサービスである「マイナポータル」において、特別定額給付金のオンライン申請ができるようにする予定です。
  • 市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。
  • オンライン申請を行えるのは、4月27日時点において世帯主であった方です。また、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要(※)となります。
    • 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。
  • オンラインで申請者及び世帯員の情報、振込口座情報の入力と、振込先口座情報の確認書類(※)のアップロードを行い、手続きを行います。
    • 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し

オンライン申請の場合、郵送による申請書が届く前に手続を進められるのですか。

  • オンライン申請による場合は、申請書がお手元にある必要はないため、申請書の到達を待つ必要はありません。
  • なお、市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。

オンライン申請には、マイナンバーカードが必要ですか。

  • オンライン申請には、マイナンバーカード(署名用電子証明書が格納されたものに限ります。)が必要となります。
  • 申請の際には、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要(※)となります。
    • 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。
  • また、マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要です。
  • 対応しているスマートフォンの機種については、下記FAQをご参照ください。
    https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?category_id=3&site_domain=default

申請書には、振込口座の情報を確認できる通帳やキャッシュカード等の写しを付ける必要がありますが、なぜ必要なのでしょうか。

  • 特別定額給付金を口座振込で受け取っていただく場合には、振込口座の指定について口座番号等を記載いただきますが、振込先口座の確認のため、通帳等の写しの提出をお願いしています。
  • 通帳やキャッシュカードの指定の箇所に、「振込先の金融機関名」「支店番号」「預金種別(普通・当座等)」「口座番号」「口座名義人(カナ)」以外の情報(印影、クレジット機能付キャッシュカードのクレジット番号等)が記載されている場合は、写しのそれらの部分を黒く塗りつぶしていただいてもかまいません。
  • 迅速で誤りのない給付を行うために、ご協力をお願いいたします。

申請書や提出書類に口座情報が含まれますが、情報が漏れる心配はないでしょうか。

  • 住民の方から特別定額給付金の給付事業のためにいただいた口座情報を含めた個人情報は、市区町村が定めている個人情報保護条例に基づき、当該給付事業の関係上必要な範囲で利用し、厳正に管理・処分されます。

給付金はどのように受け取るのですか。

  • 原則として、本人名義の銀行口座への振込みとなります。

世帯全員分の受給を辞退するには、どうすればよいでしょうか。

  • 郵送された申請書を返送しなければ、給付されませんので、辞退することができます。

支給対象者の全員分ではなく、一部の人の分だけ給付を受けることは可能ですか。

  • 給付を受けないこと、世帯のうち、一部の方の分だけ給付を受けることもできます。
  • また、申請書にチェック欄を世帯員ごとに設けることとしており、希望しない旨をチェック欄に記入いただくことで、一部の世帯員について受給を辞退いただくことも可能です。

特別定額給付金は、課税対象となりますか。

  • 特別定額給付金は、法律により非課税になりますので、課税されません。

手続き等にわからないことがあり、市町村に相談したいのですが、新型コロナウイルス感染症が心配です。どうしたらよいでしょうか。

  • 政府(総務省)のホームページ等において説明資料を掲載しますので、ご覧ください。また、相談受付については、コールセンターを設置しています。
  • なお、市区町村の窓口の分散、消毒薬の設置など、感染症拡大防止策を徹底する予定です。

30万円を給付する給付金(生活支援臨時給付金)に加えて、10万円が給付されるのか。

  • 「「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の変更について(令和2年4月20日閣議決定)」により、生活に困っている世帯に対して30万円を給付する生活支援臨時給付金に替わり、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うために1人当たり10万円を支給する特別定額給付金事業を実施することになりました。

(全体注)上記は現時点における検討状況をお示ししたものであり、今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。

特別定額給付金コールセンター

 応対時間9:00~18:30(フリーダイヤル)

まとめ:

よくある質問はでていましたが、市区町村ごとに対応は様々なようです。ご自身がお住まいの市区町村の役所のサイトで随時ご確認ください。

ビデオ会議システム「Google Meet」が近日中に一般無料開放

これまで法人向けに利用されてきたGoogle Meetは、新型コロナウイルス蔓延の影響もあり今年の1月以降の利用者は30倍に増え、4月には全ユーザーの利用時間の合計が毎日30億分(5000万時間)を超え、現在では毎日300万人ほどが新規ユーザーとして利用を始めており、4月20日の週には1日の利用者が1億人を超えたということです。

このGoogle Meetを個人で利用する場合、PCではウェブブラウザーを使えばOK。プラグインやアプリのインストールは必要ない。iPhoneやAndorid端末の場合は、専用の「Google Meet」アプリ経由でも利用可能だ。なお個人用の無料版Google Meetは、2020年9月30日以降は会議時間の上限が60分に制限されるが、それまでは制限時間なしで利用できる。

Google Japan Blog: Google Meet を、すべての人に
https://japan.googleblog.com/2020/04/bringing-google-meet-to-more-people.html

Google Meet Now Available for Free – The Keyword
https://blog.google/products/meet/bringing-google-meet-to-more-people

Googleアカウントを所有している場合は、「meet.google.com」にアクセスするだけでGoogle Meetの起動が可能。さらに、iOS版Android版のGoogle Meetをスマートフォンから利用することも可能です。Googleアカウントを所有していない場合は、メールアドレスがあれば無料でGoogleアカウントを作成することができます。

セキュリティーを重視した設計

 また他社のビデオ会議ツールがセキュリティー面で不安視されるなか、Google Meetは情報の機密性を維持するために必要な保護を提供するということです。

セキュリティに関して、Googleは「デフォルトな状態で安全な製品を提供する」という理念を掲げています。それゆえ、Google Meetは「Google Meet の会議コードはデフォルトで複雑なコードが付与されるため、総当たり攻撃での推測を困難」「Google Meet のビデオ会議で転送されるすべてのデータは暗号化され、また、Google ドライブに保存されるすべての録画/ 録音のデータも保存時に暗号化される」といった、安全対策がデフォルトの状態で有効化されているとGoogleは述べています。

これ完全にZoomつぶしにきてますね。Googleさん。

このコロナショックでオンライン会議はほんとうに定着しそうですね。

ホットケーキミックスがないんです

今日は思考を変えてこんな記事を書いてみようと思います。

今どこのスーパーにもホットケーキミックスがないのをご存知ですか?

楽天でも商品は安価ですが、送料を異常な値段になって販売されています。

ゴールデンウィークで家族でホットケーキ焼くんですかね。

メルカリでも高額で転売されてるようですよね。日本人ってすごいですよね。

すぐに群れる習性があるというかなんというか・・・

売ってないのであれば小麦粉で作ればいいと思うのは私だけでしょうか。

そこで小麦粉からホットケーキミックスが作れる方法がないか探してみました。

ホットケーキミックスの作り方

なんとこれでホットケーキミックスになるそうです!!

やっぱり探してみるものです。

ただ、小麦粉類も品薄状態みたいですね。

これは仕方ありません。小麦粉の代用で米粉でもいいみたいです。

今日はいつもとは違いますが、ホットケーキミックスの品薄のことと

ホットケーキミックスの作り方書いてみました。。。

厚生労働省とAgoopは「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」を締結しました

厚生労働省は、クラスター対策を迅速かつ効果的に実施し、クラスターの発生を封じ込めること等により、新型コロナウイルス拡大を防止する取組を進めるため、Agoopと「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。
 
 政府においては、3月31日に、民間事業者等に対して、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資するデータの政府への提供の要請を行っていたところ、今回、Agoopから本要請の趣旨に賛同いただけるとの連絡があり、本協定の締結に至ったものです。

(参考)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請について (令和2年3月31日報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10621.html
 
本協定に基づき、Agoopは、スマートフォンの利用者の位置情報等を基に作成された人口データのうち、クラスター対策に資する情報を厚生労働省に提供します。また、厚生労働省は、Agoopから提供いただいた情報について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的において利用します。
 
今後も、民間事業者等と協定を締結した場合は、順次公表いたします。

という記事がありました。

で気になったのが、「Agoop」という企業です。どんな企業なのでしょうか。https://www.agoop.co.jp/

こんなことをしている企業です。

スマホアプリから取得した位置情報ビッグデータ

GPSで国内外から位置情報ログを取得し、2種類の流動人口データを生成

当社のスマートフォン向けアプリケーションのユーザーのうち、パーミッションを得たユーザーから、GPS位置情報を国内外で取得しております。GPSデータを「動く点」として細やかに把握でき、人の流れとその傾向をつかめる「ポイント型流動人口データ」と、アプリユーザーを日本の総人口規模に換算して、その推移を時間帯別につかむことができる「メッシュ型流動人口データ」の2種類を提供しております。商業施設のエリアマーケティング、地方自治体の経済・観光政策や防災対策など、様々な分野で活用できるデータです。

おもしろいですよね。

なるほど、これで人出が減った・増えたをみていたのか。。。

こんなことができるようになると、人の行動がすべて管理させているということになりませんかね・・・って疑問に思ったりします。

ビックデータが活用される世の中になってきました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について

みなさんは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うオンライン診療の拡大の件はご存じですか。通常オンライン診療は再診のみですが、初診もOKになっています。

下記は、厚生労働省からの引用です。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて(令和2年4月10 日事務連絡)」に基づく対応を行っている医療機関の一覧です。

各都道府県別に医療機関がでています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

電話・オンライン診療の手順


1.診療内容の確認
(電話・オンライン診療を行っているか確認)
受診しようと考えている医療機関のホームページを確認するか、直接医療機関の窓口に、電話やオンラインによる診療を行っているかご確認ください。

(かかりつけ医等または最寄りの医療機関)
まずは、普段からかかっているかかりつけ医等にご相談ください。
かかりつけ医等をお持ちでない方は、下記のホームページから電話・オンラインによる診療を行っている最寄りの医療機関にご連絡ください。

*医師の判断によっては、すぐに医療機関を受診する必要があるため、できるだけお住いの近くの医療機関を選択することをお勧めします。

2.事前の予約
(電話の場合)
電話の場合は、医療機関に電話し、保険証などの情報を医療機関に伝えたうえで予約します。

(オンライン診療の場合)
オンライン診療の場合は、医療機関によって予約方法は異なります。詳しくは各医療機関のホームページをご覧ください。

(支払方法の確認)
予約の際に合わせて支払方法についても確認します。

3.診療
(診療開始)
医療機関側から着信があるが、オンラインで接続され、診療が開始します。

(本人確認後、症状説明)
まずは、受診を希望されているご本人であることを確認するために、求められた個人情報を伝えた後に、症状等をご説明してください。
電話やオンラインによる診療では診断や処方が困難な場合があることにはご留意ください。

4.診療後
(医療機関への来訪を推奨されたら)
医療機関に来訪して受診するよう推奨された場合は、必ず医療機関に直接かかるようにしてください。

(薬の処方を受けた場合)
薬が処方され、薬の配送を希望する場合は、薬を出してもらう最寄りの薬局を医療機関に伝えたうえで、診察後、薬局に連絡してください。
電話やオンラインによる服薬指導を受けられ、その後、薬が配送されます(薬局に来訪されて服薬指導を受ける必要がある場合もあります。

新型コロナウイルス感染症の10万円給付申請に必要な書類は何を準備するしたらいい?

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による「1人当たり10万円の現金給付」の申請、支給方法などの概要が固まりました。申請はどうやるのか? 必要書類は? 支給はいつ頃? 書類はどこに届くの?――申請方法、注意すべき点などをまとめました

※詳細不明点は各自で確認お願いします

郵送か電子申請が基本

決定された「新型コロナ特別定額給付金」のポイントは、次の通りです。

◆給付対象者

基準日である2020年4月27日時点で、住民基本台帳に氏名が記録されている人です。収入による条件はありません。また、年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者も支給対象です。生活保護制度の被保護者の収入認定に際しては、収入として認定されません。

◆給付額

給付対象者1人につき10万円(一律)です。従来の「生活支援臨時給付金」(特定の世帯に一律30万円給付)は、今回の制度に切り替えとなりました。

◆給付金の申請、給付の方法

申請は、ウイルス感染拡大防止の観点から、市区町村の窓口ではなく、次の(1)か(2)の方法が基本となります。給付金は、原則として申請者の本人名義の銀行口座に振り込まれます。ただし、やむを得ない場合に限り、窓口での申請および給付が認められることになっています。

(1)郵送申請

申し込みに必要な申請書が、市区町村から受給権者(世帯主)宛に郵送されてきます。それに記入の上、振込口座の確認書類、本人確認書類の写しとともに、市区町村に郵送します。

申請に必要な書類について、総務省ホームページでは

  • 振込先口座確認書類
    金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給者名義の口座である場合には不要)
  • 本人確認書類
    マイナンバーカード、運転免許証等の写し

となっています。

なお、本人確認書類の「運転免許証等」の「等」が具体的に何を指すのかは、現時点では明示されていません。

(2)オンライン申請(マイナンバーカードを持っている人のみが利用可能です)

政府が運営する「マイナポータル」から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。電子署名により本人確認を行い、本人確認書類などは不要です。

◆受付および給付開始日

これについて総務省は、「市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)」としています。つまり、「住んでいる市区町村により違う」ことになりますが、「人口規模の小さな自治体では、5月からの給付が可能ではないか」(高市早苗総務大臣)という見解を示しています。

◆申請期限

この給付金には、申請期限も設けられています。具体的には、いま説明した市区町村が決定した申請受付開始日から「3ヵ月以内」となります。これを過ぎると受け取れなくなりますので、注意してください。

「DV避難」をしている方は、急ぎ「申出」の手続きを!

今回の給付は、「1人当たり10万円」。すなわち、給付対象は「個人」です。しかし、個人ごとに申請すると、自治体の事務作業が膨大なものになるため、支給の迅速化を優先して、原則として受給権者は世帯主に統一されました。つまり、3人世帯であれば、合計金額の30万円が世帯主名義の銀行口座に一括で振り込まれ、それを家族で「分配」することになります。

スピーディーな給付という点からはやむを得ない措置なのですが、問題もあります。世の中は、「平和な家庭」ばかりではありません。例えば、世帯主が他の家族と断絶状態にある、DVを働いている、ギャンブル依存症で借金がある――といった状態だと、世帯主宛に振り込まれた他の家族の給付金が「独り占め」されてしまう危険性があるのです。

この問題に対処するために、制度には「配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援」が、追加して盛り込まれました。この場合、基準日(4月27日)以前に、避難している住所に住民票を移すという手があったのですが、それができなかった場合でも、「救済」が可能になりました。

具体的には、必要な手続き=「申出書」の提出を行い受理されれば、

  • ①世帯主でなくても、同伴者(子どもなど)の分を含めて、給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができる
  • ②手続きを行った人とその同伴者分の給付金は、世帯主からの申請があっても支給されない

ことになります。

手続きは、以下の通りです。

申出期間中(2020年4月30日まで)に、今住んでいる市区町村の特別定額給付金担当窓口へ、「申出書」を提出する

  • 「申出書」は、市区町村窓口のほか、婦人相談所、総務省ホームページなどで入手できます。
  • 申出期間について、総務省ホームページには、「4月30日を過ぎても、『申出書』を提出することはできます。」と記載されています。ただし、申出が住民票所在市区町村に到達した時点で、その配偶者等に申出者分の給付金の支給決定通知がすでに行われていた場合、申出者には給付されませんのでご注意ください。

「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次のいずれかの添付が必要

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本または正本

なお、給付金の申請手続は、この申出手続きとは別に行う必要があります。詳細は、今住んでいる市区町村に問い合わせてください。

ちなみに、今お話ししたのは、公に「DV認定」されていて、相手に住所を知られないかたちで世帯主と別居している場合です。その他の状況で、世帯主から給付金を分配してもらえないケースについては、今のところ「救済策」は示されていません。

まとめ

総務省は、説明したような給付金について、「今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。」としています。最新情報に注意してください。総務省「特定定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html