アサガオ観察日記

アサガオの観察日記を開始します。

2020年のゴールデンウィークはステイホーム中で何もやることがなかったので、昨年の

アサガオの種をとっておいたものをまきました。

定時での観測でありませんが毎日観察していきます。たくさんアサガオの花が咲いて大成功させます!!!

アサガオについて少し調べてみました

学名 Ipomoea nil

科・属名 ヒルガオ科・サツマイモ属

英名 Morning glory

原産 地熱帯アジア、ヒマラヤ山麓(現在ではアメリカ大陸という説が注目されています)

開花期 6~10月

花の色 青、紫、赤、白、ピンク

別名 牽牛子(ケンゴシ)

アサガオは、ヒルガオ科・サツマイモ属に分類されるツル性の一年草です。長いツルを伸ばして周りのものに絡まり、たくさんの葉っぱと大きな花を咲かせます。

アサガオは夏の風物詩として知られ、毎年6〜7月には全国各地でアサガオ祭りが開催されています。

有名な入谷のアサガオ祭りは、江戸時代に流行したアサガオの栽培がきっかけで明治時代初期にはじまり、現在まで続いているといわれているんですよ。

品種

  • 大輪アサガオあんどん仕立てや垣根に向くポピュラーな品種。
  • 変化咲きアサガオ突然変異により、変わった葉や花をもつ系統。
  • キキョウ咲きアサガオ変化咲きアサガオの一種で、キキョウに似た花形。一重や半八重がある。
  • 曜白アサガオ花弁の中心から筋状に白い模様が入る系統。生育おう盛でよく伸びるため、カーテン仕立てにも向く。午後3時ごろまで咲き、また開花期間も長い。
  • ソライロアサガオ‘ヘブンリー・ブルー’Ipomoea tricolor ‘Heavenly Blue’本来は多年草だが耐寒性がないので一年草として扱われる。セイヨウアサガオともいわれ、澄んだ青色の花が美しく、昼を過ぎても観賞できる。8月ごろから咲き始め、霜が降りるまで咲く。

アサガオの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。この2つが確保できれば丈夫に育ちます。過湿に弱いのですが、水切れにも弱いので、鉢植えの場合は乾かせ過ぎないようにします。その点、地植えにすれば楽に育ち、花もよく咲きます

  • 管理:枝が伸び始めたら早めに誘引して形を整えます。本葉が6~10枚程度になったら摘心し、その後も伸びすぎたら摘心して伸びを抑えていきます。摘心した方が花つきもあがります。一般種はタネをつけやすいので花がらを摘み取ります
  • 肥料:肥料食いがよいです。肥料は本葉が出たら緩効性肥料を与え、暑くなって成長が盛んになってきたら液肥も併用します
  • 病害虫:病気は過湿のよる立ち枯れに注意します。害虫はエビガラスズメなどのスズメガ類のイモムシに注意。たまにバッタやカメムシ類が発生することがあります
  • タネから:やや遅まき(4月中旬以降)にします。箱まきやポットまき、直まきもできます。タネは一晩水に浸けて膨らんだものをまきますが、最近お店で出回るタネはそのような処理が不要なものも多いので、タネ袋の説明書きをよく確認しましょう
  • みずやり:花が咲くまではやや控えめに、花が咲き始めたら乾かさないようにたっぷりと水やりします。生育旺盛となる夏は、朝夕の水やりが必要となります。気温が高くならないうちに行いましょう。
  • 花がら摘み:一日花なので、開花したら翌日にはしぼみます。タネをつけないよう、毎日咲き終わった花を摘み取りましょう。
  • 芽かき:8月ごろから子づるがたくさん発生しますが、大輪の花を咲かせる場合は、子づるを取り除きます。そうしないと大きな花が咲きません。
  • あんどん仕立て:本葉が5~8枚になったら摘心(先端の芽を摘み取る)を行い、わき芽を発生させます。複数発生したわき芽のうち、最も元気のよい芽を1本残し、ほかは取り除きます。1本のつるを下から見て左巻きに支柱に誘引していきます。やや水切れを起こして葉茎がしおれているときに誘引を行うと、つるを巻きやすく、折れる心配がありません。なお、摘心を行わず、1本のつるをそのまま伸ばして誘引していく方法もあります。

気温・天気

アサガオの観察には天気や気温も関係してくれると思うので、以下のサイトで確認するようにしています。近隣の京都市の天気と気温をみています。

https://weather.goo.ne.jp/past/759/

2020年5月7日(初日) 種まき

アサガオ観察日記をつけることを決意して今日からいよいよスタートします。

環境はマンションのベランダです。朝は陽が差しますが11時くらいには日陰に入ってしまいます。去年種をとっておいたアサガオを種まきしました。

無事に成長するように・・・

ついでになすも一緒に植えたので載せていきます。

2020年5月9日(3日目)

毎朝水やりを続けています。当然まだ発芽しません。。

2020年5月12日(5日目) 発芽!!

種まきから5日で発芽です。

毎朝の水やりはかかしません。気温も高くなってきたので晩も水やりをしたほうがいいのかな。発芽は遅いのかな。早いのかな。

なすも順調に成長中

2020年5月13日(6日目)

完全に発芽しました。やっぱり素直にうれしいです。w

毎朝の水やりはかかしてません。そして毎朝写真もかかせません。

2020年5月14日(7日目)

発芽するとうれしいもので、毎日気になりだします。

毎朝の水やりもかかさずやってます。

2020年5月15日(8日目)

1日で一気に葉っぱが増えました。

急に増えるんですね。。前日より4つ増えました。

なすもいい感じに成長しています。

2020年5月16日(9日目)

毎日の水やりはかかしません。

今日もまた葉っぱが増えてます。種まきすぎたかも。。

2020年5月17日(10日目)

今日から少し撮影の角度を変えています。

トマトもうつってます

2020年5月18日(11日目)

順調順調。

なすも順調!!

2020年5月19日(12日目)

いいよね。このままでいいはず。

毎朝のみずやりもかかせません。

なすの葉っぱもおおきくなってきてるのがわかります。

これならなすを食べることができそう。

2020年5月20日(13日目)

日々の成長を感じます。

どんなアサガオなんでしょうか。なすの葉っぱでっかいですよね。

2020年5月21日(14日目)

芽が出て数日が経過しました。

あとはぐんぐんツルがのびていくんでしょうね・・・

2020年5月22日(15日目)

いいです。順調。。

2020年5月23日(16日目)

アサガオの葉っぱもおっきくなってきました。

2020年5月24日(17日目)

特に変化なしです。

毎朝水やりもかかしてません。

2020年5月25日(18日目)

なすの葉っぱに主柱をつけたほうがいいらしいです、

2020年5月26日(19日目)

継続は力なり。

アサガオの成長は遅いのかな?早いのかな?

2020年5月27日(20日目)

20日が経ちました。枯れてないのがうれしいことです。

2020年5月28日(21日目)

アサガオは少しツルがのびてきていますし、葉っぱもおっきくなってきてるのがわかります。

2020年5月29日(22日目)

なすに支柱をつけました。

100円均一でかえるものです。

2020年5月30日(23日目)

伸びてきてます。

2020年5月31日(24日目)

なすの葉っぱすごい大きくなってます。

6月以降順次アップしていきますのでしばらくお待ちください。

毎日写真は撮ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です