VRを調べてみました【基礎編】

VRってどんな意味?VRのしくみと活用事例

近年、「VR」に関する記事やニュースを目にする機会が増えています。しかし、VRの意味が何となくわかっていても、具体的なしくみや活用事例について詳しい人はまだ少ないのではないでしょうか。そこで、まずはVRの意味を解説した上で、しくみや分野別の活用事例などについて詳しくご紹介します。

VRイメージ

VRとは?

VRとは、そもそもどのような意味で、どのようなことができるものなのでしょうか?

VRの意味

VRはVirtual Realityの略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということを示します。VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。

VRでどんなことができる?

VRゴーグルを装着すると、視界の360°が覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?
現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。
映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。VRとは、そもそもどのような意味で、どのようなことができるものなのでしょうか?

VRでどんなことができる?

VRゴーグル

VRゴーグルを装着すると、視界の360°が覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?
現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。
映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。

VRを楽しむために必要な物

VRを楽しむためには、VR機器をはじめとした、下記の3点をそろえるといいでしょう。

VR機器
もちろん、機器によって備えている機能が異なるため、必要となる付属品や、体験できる仮想空間の没入感も変わってきます。スマホに取り付けて利用する安価なヘッドセットと、深い没入感が得られるヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルでは、価格に大きな開きがあります。機器の購入に際しては、機能や価格はもちろん、使えるアプリやサービスなどで比較・検討することが大切です。

VRの活用事例

続いて、VRが実生活においてどのように活用されているのかを見ていきましょう。大きなムーブメントとなっているVRだけに、実にさまざまな分野で活用されていますが、ここでは「旅行」の活用事例を紹介します。

旅行のVRの活用

VRは、旅行業でもさまざまな活用事例があります。例えば、実際の旅行に行きたい場所の様子をVRで見学にして、世界各国の場所に行ける・行った気分になるという例が増えています。
このコロナショックで外出でできなくなっている中、VRを上手に活用することで海外がとても身近に感じてきます。もちろん、実際に行って、実際に見てくることも大事な経験だとは思いますが、こうして気軽に海外の観光地に触れることができるという選択肢が増えたということは嬉しいですね。

追記:GWにおすすめVR動画

★自然編

  1. 動物編:アフリカ象が目の前に!
  2. 動物編:サメの群れの中に!
  3. 動物編:シロクマが目の前に!
  4. 自然編:ぜひ暗くして見たいオーロラ
  5. 自然編:奇跡の滝・エンジェルフォールズ
  6. 自然編:まさにケタ違いのヴィクトリアフォールズ

★乗り物編

乗り物体験一覧

★美術館編

カメラがなくてもVR体験可能な美術館

★遊園地編

ジェットコースターなど7つのアトラクション

まとめ

いかがでしたでしょうか。VRってすごくないですか。仮想現実でここまでいろいろなことが表現できるんですよ。この技術をつかえばもっともっと活用できそうですよね。このコロナショックで外出制限になっている中でも少しでもお休み気分を味わえるかもしれません。VRを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です