ビデオ会議システム「Google Meet」が近日中に一般無料開放

これまで法人向けに利用されてきたGoogle Meetは、新型コロナウイルス蔓延の影響もあり今年の1月以降の利用者は30倍に増え、4月には全ユーザーの利用時間の合計が毎日30億分(5000万時間)を超え、現在では毎日300万人ほどが新規ユーザーとして利用を始めており、4月20日の週には1日の利用者が1億人を超えたということです。

このGoogle Meetを個人で利用する場合、PCではウェブブラウザーを使えばOK。プラグインやアプリのインストールは必要ない。iPhoneやAndorid端末の場合は、専用の「Google Meet」アプリ経由でも利用可能だ。なお個人用の無料版Google Meetは、2020年9月30日以降は会議時間の上限が60分に制限されるが、それまでは制限時間なしで利用できる。

Google Japan Blog: Google Meet を、すべての人に
https://japan.googleblog.com/2020/04/bringing-google-meet-to-more-people.html

Google Meet Now Available for Free – The Keyword
https://blog.google/products/meet/bringing-google-meet-to-more-people

Googleアカウントを所有している場合は、「meet.google.com」にアクセスするだけでGoogle Meetの起動が可能。さらに、iOS版Android版のGoogle Meetをスマートフォンから利用することも可能です。Googleアカウントを所有していない場合は、メールアドレスがあれば無料でGoogleアカウントを作成することができます。

セキュリティーを重視した設計

 また他社のビデオ会議ツールがセキュリティー面で不安視されるなか、Google Meetは情報の機密性を維持するために必要な保護を提供するということです。

セキュリティに関して、Googleは「デフォルトな状態で安全な製品を提供する」という理念を掲げています。それゆえ、Google Meetは「Google Meet の会議コードはデフォルトで複雑なコードが付与されるため、総当たり攻撃での推測を困難」「Google Meet のビデオ会議で転送されるすべてのデータは暗号化され、また、Google ドライブに保存されるすべての録画/ 録音のデータも保存時に暗号化される」といった、安全対策がデフォルトの状態で有効化されているとGoogleは述べています。

これ完全にZoomつぶしにきてますね。Googleさん。

このコロナショックでオンライン会議はほんとうに定着しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です