Current status of new coronavirus infections and MHLW response (May 9, 2020 Edition)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11229.html

This is to inform you of the situation as of May 9 and the response of the Ministry of Health, Labour and Welfare.
The number of infections associated with the new coronavirus reached 15,649 in Japan.
In addition, 600 people died in Japan and 8,127 were discharged from hospital in Japan.

Message to the people
We will continue to closely monitor the situation in China and other countries and work closely with relevant organizations to provide prompt and accurate information. We ask the public to take measures against infectious diseases such as wearing masks and washing hands thoroughly.
See Attachment 2 for the response of the Ministry of Health, Labour and Welfare.

(Attachment 2) List of Ministry of Health, Labour and Welfare Notifications and Administrative Communication
[Information for local governments and medical institutions]

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00088.html

Please 1: Please refrain from going out as much as possible.
If you have to go out, please wear a mask.

Please 2: Avoid “(iii) dense;” (Condensed, sealed, tight).
Populations share the common features of “with poor ventilation” “a space in which people gather together” and “Places where there is a high risk that an unspecified number of people will come into contact with them”.

Try to avoid going to such places as much as possible, and if it is unavoidable, wear a mask and try to ventilate, do not speak loudly, and avoid talking at a distance where your hands touch the other person.

Please 3: Cough etiquette (When coughing or sneezing, use a mask, tissue, handkerchief, sleeve, or the inside of the elbow to hold the mouth or nose.) and hand washing.

Foreigners living in Japan, despite the current difficult situation, let’s overcome this difficulty together.

Status of new COVID-19 (English version)

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」 に基づき対策を進めています

このページを外国の方向けに英語に訳してみました。

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針

I translated this page into English for foreigners.
If you are not already in Japan, please take a look at Japan’s measures.

1
Basic Policy for Countermeasures against New Coronavirus Infections

March 28, 2020 (Changed to May 4, 2020)
Decision of the New Coronavirus Infection Control Headquarters

The government believes that countermeasures against new coronavirus infections are an important issue for crisis management.
In order to protect the lives of the people under the recognition that
The whole force has been taken on offer of the medical treatment, etc.. However, in Japan,
Sporadic outbreaks of an increasing number of patients with unknown staining pathways occur, and some areas are sensitive
As a result of the spread of dyeing, on March 26, 2020, the number of cases of new strains of influenza, etc. increased.
Article 1 of the Supplementary Provisions of the Special Measures Law (Act No. 31 of 24. Hereinafter referred to as “the Law”.)
(ii) Based on Article 14 of the Act applied by replacing terms pursuant to the provisions of paragraphs 1 and 2
Health, Labor and Welfare Ministry officials said the new coronavirus infection is highly likely to spread.
The Minister reports to the Prime Minister, and on the same day, administration based on Article 15 (1) of the Act
The Prefectural Emergency Headquarters was established.
In order to protect the lives of the people, it is necessary to reduce the number of infected people, as well as to establish a system for providing medical care and society.
It is important to maintain the function.
The first step is to further promote the avoidance of “three dense”
(Group in which an association between patients was observed by an aggressive epidemiological study, etc.).
Hereinafter referred to as “cluster”. Containment of the occurrence of (i) or (ii) is the so-called over
Explosive spread of infection called shoots (Hereinafter referred to as “overshoot”.)
prevent the outbreak of ~ and minimize the incidence of infected, seriously ill and dead persons
It is important for the sake of.
If necessary, reduce contact opportunities by requesting people to refrain from going out, etc.
to minimize the rate of spread of infection as much as possible.
In order to contain the disease and to prevent the collapse of the medical system,
This is the key.
In addition, in preparation for a sudden increase in the number of infected persons in Japan in the future, measures for seriously ill persons, etc.
2
To prepare necessary systems, such as medical delivery systems centered on response
necessary.
As for new coronavirus infections that have already been seen in Japan,
・The incidence of pneumonia is higher than that of seasonal influenza
an act of causing serious damage to the lives and health of the people
The fact that it has a handle.
・There are many cases in which the route of infection cannot be identified, and the rapid increase is confirmed.
As it is recognized and the medical supply system has become tight, nationwide
The rapid spread of the disease will have an enormous impact on the lives of the people and the national economy.
the state of being in a dangerous situation
However, it is judged comprehensively.
With this in mind, on April 7, 2010, a new coronavirus was introduced.
The Chief of the Headquarters for Infectious Diseases declared a state of emergency in accordance with Article 32, Paragraph 1 of the Act.
The period during which emergency measures should be implemented is from April 7, 2020 to May 6, 2020.
The emergency measures will be implemented in Saitama and Chiba prefectures within 29 days.
Tokyo, Kanagawa, Osaka, Hyogo and Fukuoka Prefectures. In addition, in April 2020,
As of March 16, the spread of Hokkaido is as advanced as the above seven prefectures.
Emergency measures will be taken in the prefectures of Hokkaido, Ibaraki, Ishikawa, Gifu, Aichi and Kyoto.
In addition to adding the area to be placed, other prefectures are also urban areas.
As a result of the movement of these people, clusters have appeared in various places, and the infection is spreading.
Therefore, from the viewpoint of minimizing the movement of people, all prefectures are in urgent need.
It was decided to be subject to emergency measures. For emergency measures in these areas
The period of implementation was from April 16 to May 6, 2020, 2020.
Later, the public, including the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
As a result of the concerted efforts of, the national effective reproduction number has fallen below 1.
The number of reports is expected to decline to avoid overshooting
The fruit is beginning to show up. On the other hand, the number of newly reported cases in Japan is still about 200.
Level 2, with some areas still suffering from tight healthcare delivery
Therefore, it is necessary to continue efforts to reduce the number of new infections for the time being.
3
If the infection spreads again in the region and throughout the country, the burden on the medical delivery system will increase.
There is a possibility. For this reason, pursuant to Article 32, Paragraph 3 of the Act, May 4, 2002
All prefectures will continue to be subject to emergency measures, and these areas will be subject to emergency measures.
and extend the period for implementing emergency measures until May 31, 2020.
When it is deemed that it is no longer necessary to implement emergency measures,
To promptly cancel an emergency even within a period.
The declaration of an emergency is based on the current status of new coronavirus infections.
In light of the challenges facing us in this area, we have taken various measures based on the law to prevent the spread of infection.
Together, the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
Implementation of basic infection prevention and unnecessary and nonurgent outings by the entire nation, including individuals
Avoid self-infection by avoiding “three dense” which will be described later.
It is also necessary to ensure that the virus is not transmitted to others.
To implement effective measures in a comprehensive, reliable and prompt manner
It is an urgent issue to strengthen the system to take measures against stars and to secure the system to provide medical care.
The Government will implement the measures to date with sufficient effectiveness, and will not implement them in particular.
Strongly request people to refrain from going out, for example, when they need to go out on an unurgent basis, and ensure thorough contact between people
Necessary measures shall be implemented by reducing the amount of waste.
If these measures can be implemented by the entire nation, it will be effective.
Prevention of the spread of infection by raster measures and treatment of the seriously ill and other infected persons
Reduce the number of new reports to a level that allows adequate treatment
can reduce the number of serious cases. The number of new reports is at this level.
If it is reduced to, it is necessary to avoid “three dense” thoroughly.
prevent the spread of infection by continuing basic infection control measures such as securing
Prerequisite to the spread of new lifestyles, the prevention of the spread of infection and the establishment of a company
It is possible to achieve a balance between the maintenance of economic activities.
Even if the State of Emergency Declaration is extended, the Government will continue to maintain social and economic conditions.
It is conducted in foreign countries with the minimum impact on the activities of “lockdown” (Tokyo
city blockade).
These Guidelines are designed to protect the lives of the people in the fight against new coronavirus infections.
4
Accurately grasping the situation, the government, local governments, healthcare professionals, experts and business operators
the public, including those involved, will work together to further advance measures against new coronavirus infections.
For this reason, it is necessary to clarify the measures that should be taken in the future at the present time, and to implement the measures.
It shows a unified guideline to be a basis.

(i) facts concerning the status of the outbreak of a new coronavirus infection;
In our country, after the first case was identified on 15 January 2020,
By May 2, a total of 14,677 infected persons in 46 prefectures, 492
The death of a person has been confirmed. Infected persons whose infection route has not been identified
accounts for 61% (Situations as of May 3 and May 1 of Ryowa 2).
It is.
For information on the status of infection in Japan, the Expert Committee on Measures against New Coronavirus Infections
From the perspective of (Hereinafter referred to as “expert meeting”.): “Changing the behavior of citizens
It is certain that the number of new infections is on the decline nationwide. However,
We are still seeing a significant number of new infections, and the current level of data is
We started to clearly stand up in early March, and we started to show signs of overshooting.
The number of new HIV infections in Japan has not fallen below the level of around mid-March. 」
“For the time being, by maintaining the downward trend in the number of new infections,
need to continue efforts to the extent that the spread of infection of ~ is unlikely to occur for the time being
It is suggested. “
It has been pointed out that.
Regarding the medical care system,
“As for the expansion of the medical care system, we are promoting the division of roles among hospital beds according to symptoms.
For severely ill patients and those with moderate symptoms, the hospital beds should be secured, and patients should be asymptomatic.
and the acceptance of mild cases at hotels and other facilities.
However, in particular in the special alert prefectures, there are still cases in which
The pressure is continuing. “
“Even if the number of new infections starts to decline, the average length of hospitalization is about 2 ~ 3 weeks.
It is a moderate degree. especially in critically ill patients who require a ventilator
5
The length of the period of hospitalization is prolonged and the number of inmates tends not to decrease. KKO
Therefore, the burden on medical institutions by inpatients is expected to continue for a while.
Rarely, the tightness of health care compared with the slower rate of new infections
However, it is believed that the problem will be resolved only slowly. “
It has been pointed out that.
On that basis, in the view of the Expert Committee,
“If the infection spreads again in the region and across the country, the burden on the health care system will increase.
It is desirable to maintain this framework for the time being, as there is a risk that it will be implemented. 」
It is said that.

Overseas, countries where new coronavirus infections have occurred include:
Although spread to all continents except Antarctica, cases imported from overseas
Therefore, as a result of the strengthening of measures at the border, the amount is currently limited to a certain extent, but it has been withdrawn.
It is necessary to continue responding with a sense of tension.
Trends by prefecture were as follows: Tokyo, Osaka, Hokkaido, Ibaraki, Saitama
Prefectures, Chiba Prefecture, Kanagawa Prefecture, Ishikawa Prefecture, Gifu Prefecture, Aichi Prefecture, Kyoto Prefecture, Hyogo Prefecture, Fukuoka Prefecture
In 13 prefectures, the cumulative number of patients has exceeded 100.
More than half of the people were infected by unknown routes of staining, and in the last week,
As the doubling time was less than 10 days, the prevention of the spread of infection was particularly emphasized.
As a prefecture that needs to promote measures for termination, the following measures should be taken.
Therefore, they called it “designated warning prefectures” and urged people to take measures.
In addition, in the prefectures other than those specified warning prefectures, the number of persons from urban areas is also
Clusters also occur in areas other than urban areas due to movement, etc., and the trend toward the spread of infection
and in these areas, the health care system is not well developed.
If the infection spreads, there is a high possibility that medical treatment will become dysfunctional.
and citizens, including the government, local governments, medical professionals, experts, and businesses
In order to work as a circle to prevent the spread of the disease, all prefectures are in step with each other.
As it is necessary to take measures to prevent the spread of infection, all the prefectures and the prefectures
In order to prevent the spread of infection, the prefecture was designated as an area where emergency measures should be taken.
6
It has urged countermeasures.
Looking at the situation since then, a considerable number of new reports have been confirmed nationwide
The number of new infections has been reduced to a level that can prevent the rapid spread of infection in the future.
In view of the need to continue efforts to reduce the number, etc.,
Wards in which emergency measures are to be implemented in all prefectures, while maintaining the framework of
Preventing the spread of infection as an area (The specified alert prefectures are the 13 prefectures mentioned above.)
It is necessary to move forward with efforts toward termination.
However, it should be noted that the special alert prefectures and the other special prefectures (the pair of the declaration of a state of emergency
Prefectural governments belonging to elephant areas) are different from each other in terms of infection status, etc.
Prefectural governments need to continue to take the same measures as before.
In other specified prefectures, based on the status of infection in the prefecture
Toward coexistence with the maintenance of socio-economic activities centered on avoiding “three dense”
The Government will gradually shift to initiatives that take into consideration.
Currently, all prefectures are subject to emergency measures.
In the judgment of the target area, the infection situation (epidemiological
Status) and the medical care system (medical situation).
① Infection status (epidemiological situation)
・Level of new infections, infection status in neighboring prefectures, etc.
② medical delivery system
・Tests such as PCR that the physician deems necessary.
・Control of nosocomial infections.
・Impact on other general health care, including emergency medical care.
・Provision of medical care to suspected cases of infection in a new coronavirus test
Resolution

WEB会議に役立つ名刺管理ソフト「Eight」

最近はオンライン会議が主となってきています。新型コロナウイルス感染症の流行を抑制するためにWEB会議の導入する企業も多く、社員の健康や安全を守りながら、事業を継続させるための手段としてもWEB会議は改めて注目が集まっています。

今回は、そうした背景を踏まえ、WEB会議の際にも役立つ、名刺アプリEightの「オンライン名刺交換機能」の活用方法をご紹介したいと思います。

名刺アプリEight(説明)
Eightは、無料で使える個人向けの名刺アプリです。スマートフォンで名刺を撮影するだけでデータ化され、手間なく名刺管理ができます。データ化の速度と正確性には定評があり、2012年のサービス開始以来、高精度の読みとり技術は、常に進化を続けています。名刺交換をした相手もEightを利用していれば、あなたのビジネスネットワークに加わります。異動や昇進などで名刺が変わった際には通知が届き、「近況の投稿」や「メッセージ」で情報交換も可能に。日々の仕事の出会いが、新たなビジネスの可能性につながります。

WEB会議時にも名刺交換をしたい

社外とのWEB会議で「初めまして」の挨拶をするとき、口頭で済ませるケースが多いのではないでしょうか。名刺交換のないビジネスの出会いはどこか味気ない気がします。

名刺は、アイスブレイクのきっかけとして最適なツールです。名刺のデザインや、オフィスの住所などから、話題を見つけている方もいらっしゃるでしょう。

Eightの「オンライン名刺交換機能」を使ったら、いつもの商談の始まりを、そのままオンラインで再現できます。

さらに、「オンライン名刺交換機能」は打ち合わせが終わった後のコミュニケーションにも役立ちます。相手の名刺情報にすぐにアクセスできるだけではなく、いつ名刺交換したかも記録として残るため、次に連絡をとるタイミングの参考になります。また、部署異動や昇進、転職などで名刺が変わったときに通知が届くため、一度名刺を交換したら、その後も関係を構築していくことができます。

Eightの活用方法

オンライン名刺交換機能の活用方法

活用方法は主に2つあります。ご利用のシーンに応じて、ぜひ使い分けてみてください。

相手もEightを使っていれば

相手もEightを使っていたら、会社名・氏名・電話番号などで相手の名刺を検索し、「名刺交換リクエスト」を送れます。相手がリクエストを承認したら、Eightでつながり、互いのプロフィールを閲覧できます。最新の名刺情報に加え、職歴なども見られるため、相手を知るためのきっかけになります。

この画面は、ホーム画面左上の検索窓で名刺を探し、名刺交換リクエストを送れる画面です。この例はPC版Eightで操作した場合のイメージです。名刺の検索について、詳しくはヘルプをご参照ください。

リクエストを受けとり、承認する側のイメージ

手から名刺交換リクエストが送られてきたら、左メニューの「お知らせ」に通知が届きます。通知を確認して、リクエストを承認してください。

これまで対面でのコミュニケーションが当たり前だったビジネスシーンが変わりつつある今、オンライン名刺交換をはじめとしたITの仕組みを活用し、ビジネスを進めていくことで、有事も乗り越えていきましょう。

まとめ

オンラインのWEB会議が広まりつつありますが、ビジネスでは名刺交換もツールです。

WEB会議になってからも名刺交換ができるように「Eight」というツールも活用できそうです。

特別定額給付金 10万円 オンライン申請受付を開始

現金10万円を1人一律で給付する「特別定額給付金」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策のひとつとして実施されます。市区町村から送られてくる申請書を返送する郵送申請に先立ち、マイナンバーカードを利用したオンライン申請による受け付けが開始されたということでGW期間中になにかできることが調べてみました。パソコンやスマートフォンによるオンライン申請の手続き方法は、動画による解説も用意されているようです。

ちなみに、マイナンバーカードを持っておらず、取得のために申請を行なう場合は、市区町村が交付通知書を発送するまでおおむね1カ月かかるとしている。

 特別定額給付金の特設サイトには、申請に関するよくある質問のページが用意されており、生活保護対象者にも給付されること、外国人でも住民基本台帳に記録されていれば給付されること、そもそもオンライン申請をどのようにやればよいかなどが記載されている。

よくある質問でていましたのでチェックしてみましょう!

申請方法に関するよくある質問

Q:給付金の対象者は誰ですか。住民基本台帳に記録されていない場合は対象にならないのでしょうか。

  • 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」では、感染症拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うこととされました。
  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方で、1人当たり10万円を給付することとしています。

住民税非課税世帯、年金受給世帯、失業保険受給世帯、生活保護受給世帯の人は、給付金の対象者とならないのでしょうか。

  • 収入による条件はありません。
  • 年金受給世帯であること、失業保険受給世帯であること、生活保護の被保護者であることに関わらず、支給対象となります。
  • なお、生活保護制度の被保護者の収入認定に当たっては、収入として認定いたしません。

外国人は給付対象者ですか。

  • 住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者となります。
  • 外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象となりません。

4月27日(基準日)に生まれた子供は給付対象者となりますか。

  • 給付対象者となります。
  • 4月28日以降に生まれたお子さんは、給付対象者になりません。

基準日以降に亡くなった人は、給付対象者となりますか。

  • 基準日(4月27日)以降に亡くなられた人についても、給付対象者となります。

基準日時点において日本で生活していたのですが、住民基本台帳に記録されていない場合は対象にならないのでしょうか。

  • 市区町村の窓口で住民票を復活させる手続をしていただくことにより、住民登録の復活が基準日より後であっても給付対象者となります。

海外に住んでいて、日本に帰ってきた場合は対象者となりますか。

  • 4月27日までに帰国して日本に居住されている場合は、給付対象者となります。
  • お住まいの市区町村で住民登録の手続をしてください。

給付金を受け取るのは、誰になるのですか。

  • 受給権者は、その方の属する世帯の世帯主になります。

給付金の受給にはどのような手続が必要ですか。どこに行けば申請ができますか。

  • 申請者の事務負担及び感染症拡大防止に留意し、申請手続きを極力簡便なものとします。
  • 申請方法は、市区町村から受給権者(世帯主)あてに郵送された申請書類を返送する方式(郵送申請方式)又はマイナポータルからマイナンバーカードを活用して電子申請する方式(オンライン申請方式)が基本です。

申請書以外に準備すべき書類はありますか。

  • それぞれの申請方式により以下の書類が必要となります。
  • 【郵送申請方式】1 本人確認書類マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等の写し2 振込先口座の確認書類金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)【オンライン申請方式】振込先口座の確認書類※マイナンバーカードを持っている人について受け付け、電子署名により本人確認を実施するので、本人確認書類は不要となります。

いつから申請を行うことができますか。

  • 可能な限り速やかに申請を受け付けられるよう、準備を進めます。
  • 具体的な申請の受付開始時期はそれぞれの市区町村において設定されることになりますが、政府(総務省)としてもホームページ等において情報提供いたします。

申請はいつまで受け付けてくれるのですか。

  • 各市区町村における郵送申請方式の受付開始日から3か月以内が受付期限となります。

世帯主が、身体が不自由で、自分で申請できない場合は、どのように申請したらよいですか。

  • 本人による申請が困難な方は、郵送又は窓口での代理人による申請も可能です。
  • 基準日(4月27日)時点で申請・受給者の属する世帯の世帯構成者や法定代理人、親族その他の平素から申請受給対象者本人の身の回りの世話をしている方等で市区町村長が特に認める方(※)による代理申請が認められます。
    ※ 民生委員、自治会長、親類の人等世帯主の身の回りの世話をしている方
  • 代理申請には、本人と代理人との関係を説明する書類などを提出していただきます。

市区町村から申請書が届く時に、帰省していて自宅で郵便物を受け取れない場合はどうすればいいですか。

  • 日本郵便の転送サービス(※)をご利用いただくことで、郵便物を居所へ転送してもらうことができます。
    • インターネットでお申し込みができます。
      https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/
    • インターネットをご利用できない場合は、ご本人の本人確認書類・旧住所が確認できる書類(運転免許証、住民票等)を最寄りの郵便局へお持ちいただき、郵便局に備え置いている転居届に必要事項を記載してお申し込みができます。
  • また、申請書を受け取らなくても、マイナンバーカードをお持ちの方は、オンライン申請が可能です。
  • お困りの際は、市区町村にお問い合わせください。

オンライン申請は、どのような手続きですか。

  • 政府が運営するWEBサービスである「マイナポータル」において、特別定額給付金のオンライン申請ができるようにする予定です。
  • 市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。
  • オンライン申請を行えるのは、4月27日時点において世帯主であった方です。また、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要(※)となります。
    • 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。
  • オンラインで申請者及び世帯員の情報、振込口座情報の入力と、振込先口座情報の確認書類(※)のアップロードを行い、手続きを行います。
    • 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し

オンライン申請の場合、郵送による申請書が届く前に手続を進められるのですか。

  • オンライン申請による場合は、申請書がお手元にある必要はないため、申請書の到達を待つ必要はありません。
  • なお、市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。

オンライン申請には、マイナンバーカードが必要ですか。

  • オンライン申請には、マイナンバーカード(署名用電子証明書が格納されたものに限ります。)が必要となります。
  • 申請の際には、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要(※)となります。
    • 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。
  • また、マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要です。
  • 対応しているスマートフォンの機種については、下記FAQをご参照ください。
    https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?category_id=3&site_domain=default

申請書には、振込口座の情報を確認できる通帳やキャッシュカード等の写しを付ける必要がありますが、なぜ必要なのでしょうか。

  • 特別定額給付金を口座振込で受け取っていただく場合には、振込口座の指定について口座番号等を記載いただきますが、振込先口座の確認のため、通帳等の写しの提出をお願いしています。
  • 通帳やキャッシュカードの指定の箇所に、「振込先の金融機関名」「支店番号」「預金種別(普通・当座等)」「口座番号」「口座名義人(カナ)」以外の情報(印影、クレジット機能付キャッシュカードのクレジット番号等)が記載されている場合は、写しのそれらの部分を黒く塗りつぶしていただいてもかまいません。
  • 迅速で誤りのない給付を行うために、ご協力をお願いいたします。

申請書や提出書類に口座情報が含まれますが、情報が漏れる心配はないでしょうか。

  • 住民の方から特別定額給付金の給付事業のためにいただいた口座情報を含めた個人情報は、市区町村が定めている個人情報保護条例に基づき、当該給付事業の関係上必要な範囲で利用し、厳正に管理・処分されます。

給付金はどのように受け取るのですか。

  • 原則として、本人名義の銀行口座への振込みとなります。

世帯全員分の受給を辞退するには、どうすればよいでしょうか。

  • 郵送された申請書を返送しなければ、給付されませんので、辞退することができます。

支給対象者の全員分ではなく、一部の人の分だけ給付を受けることは可能ですか。

  • 給付を受けないこと、世帯のうち、一部の方の分だけ給付を受けることもできます。
  • また、申請書にチェック欄を世帯員ごとに設けることとしており、希望しない旨をチェック欄に記入いただくことで、一部の世帯員について受給を辞退いただくことも可能です。

特別定額給付金は、課税対象となりますか。

  • 特別定額給付金は、法律により非課税になりますので、課税されません。

手続き等にわからないことがあり、市町村に相談したいのですが、新型コロナウイルス感染症が心配です。どうしたらよいでしょうか。

  • 政府(総務省)のホームページ等において説明資料を掲載しますので、ご覧ください。また、相談受付については、コールセンターを設置しています。
  • なお、市区町村の窓口の分散、消毒薬の設置など、感染症拡大防止策を徹底する予定です。

30万円を給付する給付金(生活支援臨時給付金)に加えて、10万円が給付されるのか。

  • 「「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の変更について(令和2年4月20日閣議決定)」により、生活に困っている世帯に対して30万円を給付する生活支援臨時給付金に替わり、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うために1人当たり10万円を支給する特別定額給付金事業を実施することになりました。

(全体注)上記は現時点における検討状況をお示ししたものであり、今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。

特別定額給付金コールセンター

 応対時間9:00~18:30(フリーダイヤル)

まとめ:

よくある質問はでていましたが、市区町村ごとに対応は様々なようです。ご自身がお住まいの市区町村の役所のサイトで随時ご確認ください。

GoogleChromeリモートデスクトップを設定してみた

在宅ワークなどで使える機能だと思っているGoogleChromeリモートデスクトップを実際に設定してみました。以外と簡単に設定できたのでみなさんも参考にしてみてください。

GoogleChromeリモートデスクトップ基礎

Chrome リモート デスクトップを使うと、パソコンやモバイル デバイスからインターネット経由で、他のパソコンにあるファイルやアプリケーションにアクセスできます。

Chrome リモート デスクトップはパソコン上でウェブを介して使用できます。モバイル デバイスでリモート アクセスを行うには、Chrome リモート デスクトップ アプリをダウンロードする必要があります。

リモートということが理解できましたか?

自宅に居ながら、会社のパソコンに接続できるということですね。

では早速設定していきましょう。

大前提として(前準備)

GoogleChromeがインストールされていること

Gmailアカウントを持っていること

これが前提になりますので注意してください

以下手順です。

そうすると、下の画面がでてきます

remotedesktop.google.com/accessをコピーしてアドレスバーに張り付けてください

↓をクリックしダウンロードしてください

同意してインストールをクリックしてください

ダウンロードしたファイルを開くことの許可を聞かれます「はい」をクリックしてください

パソコンの名前は(画像は加工しています)そのまま「次へ」をクリックしてください

任意のPINコード(6ケタ以上)を入力して起動をクリックしてください。

この作業をリモートする側(自宅)・リモートされる側(会社)でする必要があります!!

リモート接続してみよう!

GoogleChromeを起動します。

GoogleChrome起動すると、右上んにアイコンができていますので、このアイコンをクリックします

上段にでているものが接続先パソコン・下段にでているものが接続元のパソコンです。左上の緑のアイコンをクリックしてください。※画像加工していますが、パソコン名が表示されているはずです。

先ほど入力したPINコードを入力してください

これで接続は成功するはずです!!

この画面がでてきます。これで成功!!

まとめ

GoogleChromeデスクトップの設定をしてみましたが、GoogleChromeがインストールされていてGmailアカウントがあれば1台5分程度で設定はできると思います。そんなに難しくはなかったですし、仕事以外にもつかるかもしれませんね。

※注意としてセキュリティなどを考慮してGoogleChromeを最新バージョンにしておいてください。

VRを調べてみました【基礎編】

VRってどんな意味?VRのしくみと活用事例

近年、「VR」に関する記事やニュースを目にする機会が増えています。しかし、VRの意味が何となくわかっていても、具体的なしくみや活用事例について詳しい人はまだ少ないのではないでしょうか。そこで、まずはVRの意味を解説した上で、しくみや分野別の活用事例などについて詳しくご紹介します。

VRイメージ

VRとは?

VRとは、そもそもどのような意味で、どのようなことができるものなのでしょうか?

VRの意味

VRはVirtual Realityの略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということを示します。VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。

VRでどんなことができる?

VRゴーグルを装着すると、視界の360°が覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?
現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。
映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。VRとは、そもそもどのような意味で、どのようなことができるものなのでしょうか?

VRでどんなことができる?

VRゴーグル

VRゴーグルを装着すると、視界の360°が覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?
現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。
映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。

VRを楽しむために必要な物

VRを楽しむためには、VR機器をはじめとした、下記の3点をそろえるといいでしょう。

VR機器
もちろん、機器によって備えている機能が異なるため、必要となる付属品や、体験できる仮想空間の没入感も変わってきます。スマホに取り付けて利用する安価なヘッドセットと、深い没入感が得られるヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルでは、価格に大きな開きがあります。機器の購入に際しては、機能や価格はもちろん、使えるアプリやサービスなどで比較・検討することが大切です。

VRの活用事例

続いて、VRが実生活においてどのように活用されているのかを見ていきましょう。大きなムーブメントとなっているVRだけに、実にさまざまな分野で活用されていますが、ここでは「旅行」の活用事例を紹介します。

旅行のVRの活用

VRは、旅行業でもさまざまな活用事例があります。例えば、実際の旅行に行きたい場所の様子をVRで見学にして、世界各国の場所に行ける・行った気分になるという例が増えています。
このコロナショックで外出でできなくなっている中、VRを上手に活用することで海外がとても身近に感じてきます。もちろん、実際に行って、実際に見てくることも大事な経験だとは思いますが、こうして気軽に海外の観光地に触れることができるという選択肢が増えたということは嬉しいですね。

追記:GWにおすすめVR動画

★自然編

  1. 動物編:アフリカ象が目の前に!
  2. 動物編:サメの群れの中に!
  3. 動物編:シロクマが目の前に!
  4. 自然編:ぜひ暗くして見たいオーロラ
  5. 自然編:奇跡の滝・エンジェルフォールズ
  6. 自然編:まさにケタ違いのヴィクトリアフォールズ

★乗り物編

乗り物体験一覧

★美術館編

カメラがなくてもVR体験可能な美術館

★遊園地編

ジェットコースターなど7つのアトラクション

まとめ

いかがでしたでしょうか。VRってすごくないですか。仮想現実でここまでいろいろなことが表現できるんですよ。この技術をつかえばもっともっと活用できそうですよね。このコロナショックで外出制限になっている中でも少しでもお休み気分を味わえるかもしれません。VRを楽しんでください。

【取説】世界中で使われるビデオ会議システムZoomの使い方[基本編]

テレワークの導入により、スタッフ同士が直接接触するミーティングは減りましたが、オンライン上でのコミュニケーションは増えましたね。

高いシェア率を誇るビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用している方も多いのではないでしょうか。Zoomは、有償版では最大1000人、無料版でも100人まで参加できるビデオ会議システム。権限をもつ主催者(ホスト)が、メンバー全員や指定した1人に発言権を与えて、画面を共有しながら会議を進めることができます。

使い方もシンプルで、ミーティングの主催者が招待URLを発行すれば、すぐに参加できます。参加者は指定の時間に招待URLをクリックするだけ。対応デバイスもパソコン、タブレット、スマートフォンといつものデバイスに対応でWindows/Mac両用。場所を選ばずにミーティングができる使いやすさは、まさにテレワーク向けといえますね。

様々なビデオ会議システムがありますが、今回はZoomの使い方[基本編]としてご紹介していきます!!

目次

  • Zoomの主な機能
  • Zoomの使い方
    • ミーティングを開催する
    • ミーティングを終了する
    • ミーティングに招待する
    • ミーティングに参加する
  • Zoom有料版プラン
  • まとめ

Zoomの主な機能

Zoomはテレビ会議と同様にビデオと音声を使って、遠隔ユーザーとのコミュニケーションを可能にするビデオ会議システムです。Zoomには、ビジネスシーンで役立つ様々な機能が詰まっています!!

  1. 最大1,000人まで参加可能(有償版)
  2. 画面共有、書き込み
  3. プレゼンテーション
  4. 音声や映像の共有
  5. チャット機能
  6. ホワイトボード
  7. 画面録画
  8. 会議内容のクラウド保存
  9. カレンダーと同期
  10. バーチャル背景

Zoomの使い方

Zoomの利用にあたり、Webカメラ・マイク・スピーカーがあればOKです。ほとんどのPCにはこれらのデバイスが備わっている場合が多いので、基本的には何も用意せずにそのまま使えます。それでは早速、使い方を解説していきます。

ミーティングを開催する

Zoomの最大の魅力は、使いやすさです。初めて使用する人でも、簡単にWeb会議を開催・参加することができます。招待されたミーティングに参加するだけであれば、アカウント登録もアプリインストールも不要です。招待者はメールに記載されている招待URLをクリックするだけ。ここでは、自分が主催者(ホスト)となる場合を想定し、アカウントの登録(サインアップ)から、ミーティングの開催方法を説明します。

サインアップ
まずは、ZoomのWebサイトにアクセスしましょう。そして、Webサイト右上の「無料でサインアップ」をクリック。

サインアップ方法を選択します。
・仕事用メールアドレスでサインアップ
・Googleでサインイン
・Facebookでサインイン

サービス規約を確認して問題がなければ、「アカウントの作成」をクリック。
これでサインアップは完了です。

ミーティングを開催する
右上の「ミーティングを開催する」にカーソルを乗せると、「ビデオはオフ」「ビデオはオン」「画面共有のみ」がドロップダウン表示されます。
ビデオはオフを選ぶと音声のみ、ビデオはオンを選ぶとビデオ通話、「画面共有のみ」は主催者の画面共有のみでビデオ会議を開催します。ミーティングの開始後も共有設定は変更可能です。

初回の利用時はZoomアプリのインストールが必要です。自動でダウンロードが始まるのでインストールしましょう。インストールが完了するとアプリが立ち上がります。ミーティングを主催する場合には、再度サインインをしてください。「新規ミーティング」をクリックしてミーティングを開催します。

ミーティングを終了する

Zoomでのミーティングを終了する際は、右下の「ミーティングの終了」をクリックします。
ミーティング自体を終了する場合は「全員に対してミーティングを終了」。自分だけ抜ける場合には、別の人にホストを割り当ててから「ミーティングから退出」をクリックします。

ミーティングに招待する

Zoomミーティングへの招待には、画面から「招待」をクリックします。

招待URLの「URLのコピー」をクリックすると、ミーティングのURLがコピーされます。ミーティングに参加してもらう場合には、チャットツールなどでこのURLを共有すればOKです。ミーティングのURLはGmailなどのメールでも共有できます。「招待のコピー」をクリックすると、URLだけではなくMeeting IDやPasswordもまとめてコピーできるのでメールを送る際に便利です。また、メールで招待をクリックすれば各メールアカウントから招待メールを送信することが可能です。

ミーティングに参加する

ブラウザから招待用のURLにアクセスすれば、開催されているミーティングに参加できます。ミーティングの参加者は、サインアップを行わなくてもZoomミーティングに参加することができます。
URLを開くとブラウザから、アプリの起動を促すポップアップが表示されます。「zoom.us.app」をクリックしてアプリに移行し、ミーティングに参加します。

Zoom有料版プラン

Zoomには、小規模チーム向け・中小企業向け・大企業向けの有料プランが用意されています。各Zoomミーティングプランでは、それぞれ低コストで様々な役立つ機能が利用できるようになります。

レワークで役立つビデオ会議「Zoom(ズーム)」についてご紹介しました。
無料で利用できる基本機能から、様々な共有機能までもがついているZoom。これからも使用する機会が多くありそうですが、現在たくさんの世界中のユーザーが安心して利用できるように、セキュリテイー強化を実施しています。Zoomの利用シーンはビジネス現場に留まらず、教育や医療まで幅広くあるので、一日も早く安全安心のシステムが実現すると良いですね。

ビデオ会議システム「Google Meet」が近日中に一般無料開放

これまで法人向けに利用されてきたGoogle Meetは、新型コロナウイルス蔓延の影響もあり今年の1月以降の利用者は30倍に増え、4月には全ユーザーの利用時間の合計が毎日30億分(5000万時間)を超え、現在では毎日300万人ほどが新規ユーザーとして利用を始めており、4月20日の週には1日の利用者が1億人を超えたということです。

このGoogle Meetを個人で利用する場合、PCではウェブブラウザーを使えばOK。プラグインやアプリのインストールは必要ない。iPhoneやAndorid端末の場合は、専用の「Google Meet」アプリ経由でも利用可能だ。なお個人用の無料版Google Meetは、2020年9月30日以降は会議時間の上限が60分に制限されるが、それまでは制限時間なしで利用できる。

Google Japan Blog: Google Meet を、すべての人に
https://japan.googleblog.com/2020/04/bringing-google-meet-to-more-people.html

Google Meet Now Available for Free – The Keyword
https://blog.google/products/meet/bringing-google-meet-to-more-people

Googleアカウントを所有している場合は、「meet.google.com」にアクセスするだけでGoogle Meetの起動が可能。さらに、iOS版Android版のGoogle Meetをスマートフォンから利用することも可能です。Googleアカウントを所有していない場合は、メールアドレスがあれば無料でGoogleアカウントを作成することができます。

セキュリティーを重視した設計

 また他社のビデオ会議ツールがセキュリティー面で不安視されるなか、Google Meetは情報の機密性を維持するために必要な保護を提供するということです。

セキュリティに関して、Googleは「デフォルトな状態で安全な製品を提供する」という理念を掲げています。それゆえ、Google Meetは「Google Meet の会議コードはデフォルトで複雑なコードが付与されるため、総当たり攻撃での推測を困難」「Google Meet のビデオ会議で転送されるすべてのデータは暗号化され、また、Google ドライブに保存されるすべての録画/ 録音のデータも保存時に暗号化される」といった、安全対策がデフォルトの状態で有効化されているとGoogleは述べています。

これ完全にZoomつぶしにきてますね。Googleさん。

このコロナショックでオンライン会議はほんとうに定着しそうですね。

ホットケーキミックスがないんです

今日は思考を変えてこんな記事を書いてみようと思います。

今どこのスーパーにもホットケーキミックスがないのをご存知ですか?

楽天でも商品は安価ですが、送料を異常な値段になって販売されています。

ゴールデンウィークで家族でホットケーキ焼くんですかね。

メルカリでも高額で転売されてるようですよね。日本人ってすごいですよね。

すぐに群れる習性があるというかなんというか・・・

売ってないのであれば小麦粉で作ればいいと思うのは私だけでしょうか。

そこで小麦粉からホットケーキミックスが作れる方法がないか探してみました。

ホットケーキミックスの作り方

なんとこれでホットケーキミックスになるそうです!!

やっぱり探してみるものです。

ただ、小麦粉類も品薄状態みたいですね。

これは仕方ありません。小麦粉の代用で米粉でもいいみたいです。

今日はいつもとは違いますが、ホットケーキミックスの品薄のことと

ホットケーキミックスの作り方書いてみました。。。