厚生労働省とAgoopは「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」を締結しました

厚生労働省は、クラスター対策を迅速かつ効果的に実施し、クラスターの発生を封じ込めること等により、新型コロナウイルス拡大を防止する取組を進めるため、Agoopと「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。
 
 政府においては、3月31日に、民間事業者等に対して、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資するデータの政府への提供の要請を行っていたところ、今回、Agoopから本要請の趣旨に賛同いただけるとの連絡があり、本協定の締結に至ったものです。

(参考)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請について (令和2年3月31日報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10621.html
 
本協定に基づき、Agoopは、スマートフォンの利用者の位置情報等を基に作成された人口データのうち、クラスター対策に資する情報を厚生労働省に提供します。また、厚生労働省は、Agoopから提供いただいた情報について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的において利用します。
 
今後も、民間事業者等と協定を締結した場合は、順次公表いたします。

という記事がありました。

で気になったのが、「Agoop」という企業です。どんな企業なのでしょうか。https://www.agoop.co.jp/

こんなことをしている企業です。

スマホアプリから取得した位置情報ビッグデータ

GPSで国内外から位置情報ログを取得し、2種類の流動人口データを生成

当社のスマートフォン向けアプリケーションのユーザーのうち、パーミッションを得たユーザーから、GPS位置情報を国内外で取得しております。GPSデータを「動く点」として細やかに把握でき、人の流れとその傾向をつかめる「ポイント型流動人口データ」と、アプリユーザーを日本の総人口規模に換算して、その推移を時間帯別につかむことができる「メッシュ型流動人口データ」の2種類を提供しております。商業施設のエリアマーケティング、地方自治体の経済・観光政策や防災対策など、様々な分野で活用できるデータです。

おもしろいですよね。

なるほど、これで人出が減った・増えたをみていたのか。。。

こんなことができるようになると、人の行動がすべて管理させているということになりませんかね・・・って疑問に思ったりします。

ビックデータが活用される世の中になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です