厚生労働省とAgoopは「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」を締結しました

厚生労働省は、クラスター対策を迅速かつ効果的に実施し、クラスターの発生を封じ込めること等により、新型コロナウイルス拡大を防止する取組を進めるため、Agoopと「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。
 
 政府においては、3月31日に、民間事業者等に対して、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資するデータの政府への提供の要請を行っていたところ、今回、Agoopから本要請の趣旨に賛同いただけるとの連絡があり、本協定の締結に至ったものです。

(参考)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請について (令和2年3月31日報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10621.html
 
本協定に基づき、Agoopは、スマートフォンの利用者の位置情報等を基に作成された人口データのうち、クラスター対策に資する情報を厚生労働省に提供します。また、厚生労働省は、Agoopから提供いただいた情報について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的において利用します。
 
今後も、民間事業者等と協定を締結した場合は、順次公表いたします。

という記事がありました。

で気になったのが、「Agoop」という企業です。どんな企業なのでしょうか。https://www.agoop.co.jp/

こんなことをしている企業です。

スマホアプリから取得した位置情報ビッグデータ

GPSで国内外から位置情報ログを取得し、2種類の流動人口データを生成

当社のスマートフォン向けアプリケーションのユーザーのうち、パーミッションを得たユーザーから、GPS位置情報を国内外で取得しております。GPSデータを「動く点」として細やかに把握でき、人の流れとその傾向をつかめる「ポイント型流動人口データ」と、アプリユーザーを日本の総人口規模に換算して、その推移を時間帯別につかむことができる「メッシュ型流動人口データ」の2種類を提供しております。商業施設のエリアマーケティング、地方自治体の経済・観光政策や防災対策など、様々な分野で活用できるデータです。

おもしろいですよね。

なるほど、これで人出が減った・増えたをみていたのか。。。

こんなことができるようになると、人の行動がすべて管理させているということになりませんかね・・・って疑問に思ったりします。

ビックデータが活用される世の中になってきました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について

みなさんは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うオンライン診療の拡大の件はご存じですか。通常オンライン診療は再診のみですが、初診もOKになっています。

下記は、厚生労働省からの引用です。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて(令和2年4月10 日事務連絡)」に基づく対応を行っている医療機関の一覧です。

各都道府県別に医療機関がでています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

電話・オンライン診療の手順


1.診療内容の確認
(電話・オンライン診療を行っているか確認)
受診しようと考えている医療機関のホームページを確認するか、直接医療機関の窓口に、電話やオンラインによる診療を行っているかご確認ください。

(かかりつけ医等または最寄りの医療機関)
まずは、普段からかかっているかかりつけ医等にご相談ください。
かかりつけ医等をお持ちでない方は、下記のホームページから電話・オンラインによる診療を行っている最寄りの医療機関にご連絡ください。

*医師の判断によっては、すぐに医療機関を受診する必要があるため、できるだけお住いの近くの医療機関を選択することをお勧めします。

2.事前の予約
(電話の場合)
電話の場合は、医療機関に電話し、保険証などの情報を医療機関に伝えたうえで予約します。

(オンライン診療の場合)
オンライン診療の場合は、医療機関によって予約方法は異なります。詳しくは各医療機関のホームページをご覧ください。

(支払方法の確認)
予約の際に合わせて支払方法についても確認します。

3.診療
(診療開始)
医療機関側から着信があるが、オンラインで接続され、診療が開始します。

(本人確認後、症状説明)
まずは、受診を希望されているご本人であることを確認するために、求められた個人情報を伝えた後に、症状等をご説明してください。
電話やオンラインによる診療では診断や処方が困難な場合があることにはご留意ください。

4.診療後
(医療機関への来訪を推奨されたら)
医療機関に来訪して受診するよう推奨された場合は、必ず医療機関に直接かかるようにしてください。

(薬の処方を受けた場合)
薬が処方され、薬の配送を希望する場合は、薬を出してもらう最寄りの薬局を医療機関に伝えたうえで、診察後、薬局に連絡してください。
電話やオンラインによる服薬指導を受けられ、その後、薬が配送されます(薬局に来訪されて服薬指導を受ける必要がある場合もあります。

新型コロナウイルス感染症の10万円給付申請に必要な書類は何を準備するしたらいい?

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による「1人当たり10万円の現金給付」の申請、支給方法などの概要が固まりました。申請はどうやるのか? 必要書類は? 支給はいつ頃? 書類はどこに届くの?――申請方法、注意すべき点などをまとめました

※詳細不明点は各自で確認お願いします

郵送か電子申請が基本

決定された「新型コロナ特別定額給付金」のポイントは、次の通りです。

◆給付対象者

基準日である2020年4月27日時点で、住民基本台帳に氏名が記録されている人です。収入による条件はありません。また、年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者も支給対象です。生活保護制度の被保護者の収入認定に際しては、収入として認定されません。

◆給付額

給付対象者1人につき10万円(一律)です。従来の「生活支援臨時給付金」(特定の世帯に一律30万円給付)は、今回の制度に切り替えとなりました。

◆給付金の申請、給付の方法

申請は、ウイルス感染拡大防止の観点から、市区町村の窓口ではなく、次の(1)か(2)の方法が基本となります。給付金は、原則として申請者の本人名義の銀行口座に振り込まれます。ただし、やむを得ない場合に限り、窓口での申請および給付が認められることになっています。

(1)郵送申請

申し込みに必要な申請書が、市区町村から受給権者(世帯主)宛に郵送されてきます。それに記入の上、振込口座の確認書類、本人確認書類の写しとともに、市区町村に郵送します。

申請に必要な書類について、総務省ホームページでは

  • 振込先口座確認書類
    金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給者名義の口座である場合には不要)
  • 本人確認書類
    マイナンバーカード、運転免許証等の写し

となっています。

なお、本人確認書類の「運転免許証等」の「等」が具体的に何を指すのかは、現時点では明示されていません。

(2)オンライン申請(マイナンバーカードを持っている人のみが利用可能です)

政府が運営する「マイナポータル」から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。電子署名により本人確認を行い、本人確認書類などは不要です。

◆受付および給付開始日

これについて総務省は、「市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)」としています。つまり、「住んでいる市区町村により違う」ことになりますが、「人口規模の小さな自治体では、5月からの給付が可能ではないか」(高市早苗総務大臣)という見解を示しています。

◆申請期限

この給付金には、申請期限も設けられています。具体的には、いま説明した市区町村が決定した申請受付開始日から「3ヵ月以内」となります。これを過ぎると受け取れなくなりますので、注意してください。

「DV避難」をしている方は、急ぎ「申出」の手続きを!

今回の給付は、「1人当たり10万円」。すなわち、給付対象は「個人」です。しかし、個人ごとに申請すると、自治体の事務作業が膨大なものになるため、支給の迅速化を優先して、原則として受給権者は世帯主に統一されました。つまり、3人世帯であれば、合計金額の30万円が世帯主名義の銀行口座に一括で振り込まれ、それを家族で「分配」することになります。

スピーディーな給付という点からはやむを得ない措置なのですが、問題もあります。世の中は、「平和な家庭」ばかりではありません。例えば、世帯主が他の家族と断絶状態にある、DVを働いている、ギャンブル依存症で借金がある――といった状態だと、世帯主宛に振り込まれた他の家族の給付金が「独り占め」されてしまう危険性があるのです。

この問題に対処するために、制度には「配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援」が、追加して盛り込まれました。この場合、基準日(4月27日)以前に、避難している住所に住民票を移すという手があったのですが、それができなかった場合でも、「救済」が可能になりました。

具体的には、必要な手続き=「申出書」の提出を行い受理されれば、

  • ①世帯主でなくても、同伴者(子どもなど)の分を含めて、給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができる
  • ②手続きを行った人とその同伴者分の給付金は、世帯主からの申請があっても支給されない

ことになります。

手続きは、以下の通りです。

申出期間中(2020年4月30日まで)に、今住んでいる市区町村の特別定額給付金担当窓口へ、「申出書」を提出する

  • 「申出書」は、市区町村窓口のほか、婦人相談所、総務省ホームページなどで入手できます。
  • 申出期間について、総務省ホームページには、「4月30日を過ぎても、『申出書』を提出することはできます。」と記載されています。ただし、申出が住民票所在市区町村に到達した時点で、その配偶者等に申出者分の給付金の支給決定通知がすでに行われていた場合、申出者には給付されませんのでご注意ください。

「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次のいずれかの添付が必要

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本または正本

なお、給付金の申請手続は、この申出手続きとは別に行う必要があります。詳細は、今住んでいる市区町村に問い合わせてください。

ちなみに、今お話ししたのは、公に「DV認定」されていて、相手に住所を知られないかたちで世帯主と別居している場合です。その他の状況で、世帯主から給付金を分配してもらえないケースについては、今のところ「救済策」は示されていません。

まとめ

総務省は、説明したような給付金について、「今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。」としています。最新情報に注意してください。総務省「特定定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

新型コロナウイルスの影響は・・・

病院はこの新型コロナウイルスの影響で外来も入院も患者さんが激減しています。

実は医療崩壊は逆の意味で崩壊しそうになっているのが現状。

みなさんご存じでしたか?

患者心理からすれば当然、万が一のことを考えての行動変容につながっています。

ただ、こういう現状を行政は野放しにしておいていいのでしょうか。

地域医療が崩壊してしまいます。あくまでも想像の範囲ですが

増えているのは、コロナの患者を受け入れている病院だけではないですか????

地域医療を支えているのは大病院だけではないということをよくよく理解して

ほしいものです。

病院は厳重警戒態勢になっていますよ

どの病院でも外来では体温測定をきっちりしていますね。発熱状態の患者さんは院内に

入れないというスタイルになっています。サーモグラフィをいれている病院もあるみたいです

日本の医療はやはり欧米にくらべて手厚いとつくづく思います。

ただ、やはり緊急事態宣言というものが発出されている以上、不要不急の外出はさけること

そして3蜜をさけること、これはかなり重要です。

感染予防対策(よくまとめられてるいるものを紹介します)

予防対策の徹底
外出から帰社した際の”手洗い”・”うがい”・”手指のアルコール消毒”の徹底
帰社者が見易い箇所への注意喚起(“手洗い”・”うがい”・”手指のアルコール消毒”)・掲示の実施

各職場の”窓口”で把握した感染のおそれ又は感染の情報・全社分を集中して集約する部署の決定、集約情報の(定期的)発信体制の確立
区画された事務室毎の出入口全てにアルコール消毒液の設置
手洗いは流水と石鹸で15秒以上行う
咳・くしゃみによる飛沫感染防止対策の徹底
“咳エチケット”の徹底
咳・くしゃみの際はテッシュ等で口・鼻を覆い、他人から顔をそむけ、できる限り 1~2m、離れる
使ったテッシュは直ぐにゴミ箱に捨てる
手指のアルコール消毒は、速乾性擦式消毒用アルコール製剤(アルコールが60~80%含まれている消毒薬)を使用し、アルコールが完全に
揮発するまで両手を擦り合わせる
※2 次亜塩素酸ナトリウムの(希釈)溶液、(希釈した)塩素系漂白剤、イソプロパノール、消毒用エタノール など
感染のおそれがある者、感染した者(家族に感染のおそれがある場合・家族が感染した場合等を含む)の出勤等の取扱い
テッシュ等がない場合は、口を前腕部(袖口)で押さえて、飛沫拡散を防ぐ
口を押さえた手・腕は直ぐに洗う
口を押さえた袖口等は直ぐにアルコール消毒する
咳・くしゃみが続く者、体調不調者(自覚・他覚共)のマスク(医療用の不織布製マスク:サージカルマスク)使用の徹底。マスクは できる限り、1日に1~2回は交換すること
職場でも備品としてマスクを一定数、備えておくこと
厚生労働省 「新型コロナウィルスに関する事業者・職場のQ&A」
各企業・事業場の就業規則による出勤等(就業制限等を含む)の適切な取扱い
以上の対応は全て、既存のBCPとの整合性を十分に検証し、不足する事項はBCPから補強をほどこす必要があることに留意
厚生労働省「事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン」
厚生労働省「新型コロナウィルスに関する事業者・職場のQ&A」
職場の清掃・消毒
通常の清掃に加え、ウィルスが付着し易い箇所(※1)を水・洗剤で拭き取り清掃をする
※1 机、ドアノブ、スイッチ、階段の手すり、テーブル、椅子、エレベータの押しボタン、トイレの流水レバー、便座等
発症のおそれがある者、発症した者の職場では当該従業員の机とその周辺、触れた可能性がある箇所について、消毒剤(※2)による拭き取り清掃をする

日ごろ上に書かれているようなことを注意しておけば、感染予防になるはずです。

もうすこしの辛抱です。もう少しで出口が見えてきそうです。

コロナに打ち勝ちましょう!!

新型コロナウイルス感染症のことをしっかり理解していますか?

みなさん、新型コロナウイルス感染症のことを理解していますか?

人前でコロナのことを説明できますか?改めて私も勉強してみました。

ぜひ一読してみてください。

新型コロナウイルスコロナウイルスとは

 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
 ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

感染経路

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

(1)飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

(2)接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

潜伏期間

WHOの知見によれば、現時点で潜伏期間は1-14日(一般的には約5日)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。

治療方法

有効な抗ウイルス薬等の特異的な治療法はなく、対症療法を行います。

詳しくは国立感染症研究所の HP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)に 掲載の関連するガイダンスをご参照ください。

対策

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗い、アルコール消毒などを行ないましょう。

手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

詳しくは国立感染症研究所の HP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)に 掲載の関連するガイダンスをご参照ください。

改めて記載してみました。

正しいことを知識として身に着けておくことが非常に重要だと思います。

正しい情報を正しく理解できれば、万が一の際にも対応できると思います。

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!

独立行政法人国民生活センター

こんな記事を見つけました。こんな非常事態なのにこんなことを考えている人間がいます。

絶対ひっかからないように注意してください!!!

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。その中から、速報第6弾として、マスクの品薄が続いている状況に便乗して「マスクが購入できる」「マスクが買えるサイトがある」というSNSの書き込みや広告で消費者の関心を惹き、クレジットカード番号等を詐取する目的と思われる不審な通販サイトへ誘導するという悪質な手口を被害の未然防止のために紹介します。

相談事例

【事例1】「マスクが購入できる」というSNSの書き込みを見て通販サイトで申し込んだが不審だ 新型コロナウイルスの感染拡大により、どこの薬局に行ってもマスクが手に入らず困っていた。SNSに「使い捨てマスクが購入できる」という書き込みがあったので、記載されていたURLから通販サイトにアクセスし数種類のマスクを約4,000円で注文した。支払いはクレジットカード決済しか選択肢がなかったため、カード番号を含めた個人情報を入力した。申し込み直後に承諾通知がメールで届いたが、そこにはカード決済は不可と記載されていた。不審に思い、通販サイトの住所と連絡先をインターネットで検索したところ、当該通販サイトとは無関係と思われる業者名が表示された。クレジットカード会社へはカード番号変更の手続きを依頼するつもりだが、危険なサイトと思われ不安だ。(受付年月:2020年3月下旬 契約当事者:40歳代 女性)【事例2】「マスクが買えるサイトがある」というSNSの広告を見てマスクを注文したが不審なのでキャンセルしたい 新型コロナウイルスの影響でマスクが入手できない状況の中、SNSで「マスクが買える通販サイトがある」という広告を見た。その通販サイトにアクセスすると、マスク100枚が約4,000円だったので注文した。支払方法はクレジットカード払いしか選択できなかったためそれを選択したが、カード番号を入力する画面が表示されなかったのでそのまま送信した。するとすぐに注文受付メールが届き、そのメールの中に「クレジットカードはこちらにアクセスし登録してください」とURLのリンク先が記載されていた。このような方法でクレジットカードを登録したことはないのでURLにはアクセスしていない。業者の電話番号や住所の記載はあるが怖いので連絡はしていない。不審なのでキャンセルしたい。(受付年月:2020年3月下旬 契約当事者:30歳代 女性)

消費者へのアドバイス

SNSの書き込みや広告の内容を鵜呑みにせず、リンク先の通販サイトの表示や注文手続きに不審な点はないか慎重に確認しましょう

 新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクの品薄が続いている状況に便乗して「マスクが購入できる」「マスクが買えるサイトがある」というSNSの書き込みやフェイク広告で消費者の関心を惹き、不審な通販サイトへ誘導するという悪質な手口に関する相談が寄せられています。フィッシングサイトの恐れもあり、氏名や住所、電話番号などの個人情報やクレジットカード番号を入力すると不正に取得される可能性があります。

 インターネット通販を利用する際は、SNSの書き込みや広告の内容を鵜呑みにせず、リンク先の通販サイトの住所、電話番号表示や注文手続きに不審な点はないか慎重に確認しましょう。特に、「SNSに表示される広告だから、リンク先も安心できる通販サイトだろう」といった思い込みをしないように気をつけましょう。

 もし不審なサイト上でクレジットカード番号を入力してしまった場合は早急にクレジットカード会社に連絡しましょう。

不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、最寄りの消費生活センター等に相談しましょう

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。